第1期 京都ライター塾 全5回講義内容のレポートまとめ

  • ブックマーク

全部で5回ある「書くを仕事に!京都ライター塾」の講座。各回、いったいどんな講義をしているのか?第1期を開催した際に、毎回レポート記事を書いていました!

第1期はこんな感じで進めていきました。

1)ライターとは

2)インタビュー講座(聞き方レッスン)

3)文章講座①

4)文章講座②

5)新規仕事を得るために

参加者の感想

第1期には、3人の方が参加してくださいました。最後の講座に、皆さんにアンケートを記入してもらったので紹介します!

まずは、企業の広報として社内報制作を8年担当していた太田かおりさんから。

【ライター塾に参加した理由】

●何からはじめればいいのか分からないから知りたい

●仕事内容を学び、本当にやりたい仕事はライターなのか明確にしたい

●仲間が欲しい、繋がりが欲しい

●取材同行や仕事紹介のサポートがあって心強い

受講を決めたのは「自分がワクワクする気持ちを1番大切にすること」…この思いが背中を押してくれたのだそう。

実際に参加してみて、変化したことは?

ライターとしてスタートを切ることができました!やりたい仕事が明確となり、いろいろなことに歩き出せました。

とのことで、これが何よりうれしい感想でした!

詳しくは下記のブログにて。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。