今年は「出町ふたば」の水無月を食べたよ。京都人6月のミッション1つクリア!

広告

6月になると、京都のいたるところで見かけるようになる「水無月」の文字。一般的には、旧暦の6月のことではあるけれど、京都では和菓子の「水無月」が定番。

広告

今年は「出町ふたば」の水無月

京都では、いろいろな和菓子屋さんがそれぞれに水無月を作っていて、毎年どこの和菓子屋さんの「水無月」を食べようかな?と迷う迷う。って、迷うのが楽しいんですけどね!

で、今年は豆もちで有名な「出町ふたば」の水無月にしてみました。

この日「出町ふたば」の行列は少なめ。毎回ここを通るときは行列チェックをするのがクセになっていて、時にはディズニーランドのように行列が渦を巻いている日もあるので、こんなに少ない日は素通りできない。買わなきゃ!みたいな気持ちになって、この日も立ち寄ったのでした。

今年も6月中に水無月ゲット。水無月は上記の2種類のほか、黒糖と抹茶もあって計4種類、店頭に並んでいました。ふたばの水無月、ムチムチもっちりな生地で、小豆の甘さも程よくおいしかった!やっぱり日本茶とよく合う。

ところで和菓子の水無月って?

昔は夏に氷を得ることができなかったため、氷になぞらえて和菓子を麦粉で作り、徳川の中期になって麦粉の中に小豆を混ぜ、三角に切って今の形になったのだとか。京都では無病息災を祈願して、1年の折り返しのこの時期に食べられるようになったもの。

この水無月の由来は店頭に置いてあったチラシに書いてありました。由来を知ってから食べると、ますますありがたく、おいしい。

京都出身ではない私は、この和菓子の存在さえ全然知らなかったんだけど、京都出身の夫は当たり前のように毎年食べているんだとか。まさか知らないことはないだろうと思って、「6月に水無月食べるの、京都だけやで」と教えて上げたら、今初めて知った!!と言って驚いていたけれど。そうなんだよ。

そんなわけだから、6月になると京都人が皆「水無月食べた?」と言い出すし、店頭にも並び出すし、で、毎年早く水無月食べなきゃ、6月が終わる!!という強迫観念にとらわれるんですよね〜。

豆もちも忘れずに

「出町ふたば」へ行ったお目当ては水無月だけど、当然名物の「豆もち」も買わずにはいられない!

豆の適度な塩気とあんこの甘みと生地の質感がもう、やっばり最高!! 塩とあんこがこんなに合うんか! 京都に来て初めて私は「豆もち」のおいしさを知った気がする。

 

京都は季節ごとにやることがたくさんあって忙しい(2月は節分、7月は祇園祭御手洗祭などなど…)けど、それが楽しい!!というわけで、6月のミッション、あとはどこかに「茅の輪くぐり」に行ったら、私の中ではひとまず終了です。今週中に行かねば〜!

ここまで来たら、出町座にも寄りたい!

\合わせて読みたい/
これまでに食べた水無月はこんな!
2015年は、修学院の和菓子処「双鳩堂」

2016年は、「出町ふたば」の水無月

2017年は、仙太郎さんの水無月

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします