京都 出町桝形商店街にオープンした小さな映画館「出町座」

  • ブックマーク

京都人憩いの場、出町柳の三角州。この眺めが好きで通りかかると何かしら写真を撮ってしまうのですが、ここからすぐのところにある「桝形商店街」に映画館がオープンしたと知り、行ってみました!

text by:江角悠子(@ezu1030

京都 出町桝形商店街にある映画×書店×カフェスポット

桝形商店街は、はんなり京都のイメージとはまた全然違う、ローカルな雰囲気あふれる場所。

手作り感あふれるこの場所に初めて来たときは、京都にもこんな場所があるのか!と驚きました。ガヤガヤごちゃごちゃした感じがたまらなくイイ!!

ここを歩くだけでもワクワクしてくるのですが、今日のお目当は「出町座」!

この商店街の中にオープンしたのが「出町座」。

2017年7月に閉館となった立誠シネマが、場所を変えて新たにここにやって来たのだそう。左京区民としては街中まで行かずして映画を見られるとあって、嬉しいことこの上ない!

今は「この世界の片隅で」などが上映されていました。日によって上映される映画も時間も変わるようなので、サイトを要チェックです。

1階はカウンターだけのカフェがあって、こんな感じでメニューが用意してあるよう。テイクアウトも充実しているようなので、ここでサンドイッチなんかを買って、出町柳の三角州で食べても楽しそう!

カフェ横には、本屋さんも併設されていて、ここの本のセレクトがまた渋い。誰がセレクトしているのだろう、暮らし、心に関する本も多くて、興味深かった!!

またじっくり見に行きたいと思います。

出町桝形商店街にある出町座


〒602-0823
京都市上京区今出川通出町西入上ル三芳町133(出町桝形商店街内)
075-203-9862
営業時間:10:00台〜23:00台

豆餅で人気のふたばも桝形商店街のすぐ近くにあります!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。