京都・仙太郎の「水無月」食べて無病息災を祈願。さぁ、2017年後半スタート。

広告

text by 江角悠子(@ezu1030

6月最後の日となった先週の金曜日、「水無月」を味わいました。京都に住むまでは知らなかったのに、いまや食べずにはその年の後半戦がスタートできない、京都ならではの不思議な和菓子「水無月」。

昨年は豆もちで有名な「ふたば」の水無月をいただいたのですが、今年は高島屋の地下に行って、仙太郎さんの水無月を購入。もっちりムチムチでおいしかった! 写真にある白い水無月のほか、黒糖や抹茶味もあり。

 

今年は茅の輪くぐりができず残念。
友達のインスタを見ていたら、街中まで行かなくても左京区・三宅八幡宮でも茅の輪くぐりができることを知りました。行けば良かったよー! 来年は忘れず子ども達と一緒に行こう!と思っています。メモメモ。

 

7月最初の月曜日が来て、ようやく私の7月もスタートという感じ。
さぁ、今週も(じっとり暑いけど!)張り切って参りましょう〜!

 

2016年、茅の輪くぐりに行ったときの記事はこちら。

2015年の水無月は和菓子処「双鳩堂」のものでしたー。

仙太郎のおはぎ、密かにシソの葉入りでおいしい。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!