夏越祓(なごしのはらえ)…京都・丸太町「護王神社」で初の茅の輪くぐり。心底健康祈願!!

広告

今週末にはもう7月に突入。
早くも1年の半分が終わるのですねぇ、毎度のことながら、早い、早すぎる。

昨年ブログに「茅の輪くぐりしたいなぁ」って書いたのを思い出し、
今年は実行してきましたよ!
行ったのは、京都御所の西側に位置する護王神社

 

 

 

 

 

初!茅の輪くぐり

イノシシで有名な神社で、狛犬の代わりにイノシシが。
それを見た娘は、「ぶたしゃんがいるー!」とずっと叫んでいたのでした。
img_6454.jpg

門をくぐって中に入ると、すぐに大きな茅の輪が設置してありました。
くぐり方があるようで、まず最初に茅の輪をくぐったら左に抜けて、次は右、もう一度左に抜けたら最後は正面に向かってお参り。

img_6453.jpg

 

娘は途中で気がそれて、手水舎に行ってみたり、なかなかスムーズにはいかなかったけれど。
もう二度と肺炎にならないように、心底、無病息災を祈願!!!

恒例の夏越大祓式は、6月30日(木)午後3時から催されるよう。
それまで茅の輪は自由にくぐれます。

境内には、置物などのイノシシコレクションやイノシシのはく製なども展示。
「こいつが一番強そう」とか言いつつ、息子が興味津々で見ていました。

娘は、お寺なんかへ行くと砂利で遊ぶのが大好き。

今月は早々と水無月も食べたし、なんかやることちゃんとやったよという爽快感。

東林院の「沙羅を愛でる会」も6月30日までですねぇ。
京都は本当、和菓子から野菜から、行事から、季節を色濃く感じられることがたくさんあるような気がします。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!