「ライターお悩み相談室」&「インタビュー講座」に参加した人が、どう変わったのか?感想をご紹介します(3) 

  • ブックマーク

来年1月からスタートする、わたくし江角悠子主宰の書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)。

ライター塾がどんなものなのか、これまでに「ライターお悩み相談室」や単発の「インタビュー講座」に参加してくれた方の感想をお届けします!

参加してみて

相談室とインタビュー講座、どちらにも参加してくださった、日本語教師兼ライターのわかばさん!


日本語教師、日本語教師養成講座講師、ライター
わかばさん (@saeriwakabaya78

1)参加したきっかけ

江角さんのブログツイッターをフォローしていたので、そこから情報が来て、行ってみようと思いました。とはいえ、日本語教師の仕事の都合で、平日昼間は無理だったので、学校が夏休みとなるときに参加しました。

2)参加前の思い

ライターを始めたものの仕事は増えず(1メディアだけでした)、またどうやって仕事を増やせばいいか? どうやってスキルを磨いて行けばいいかわかりませんでした。

4)教室の雰囲気や江角の印象について

いろんなライターさんと知り合うことができ、自分の位置を確認することができたほか、そこから自分が今すべきことを考えることもできました。

講座の中で実際にインタビューをする時間もあり、自分のインタビューの仕方も認めてもらえたりして、「これでいいのかな」と思っていたことが、「これでよかったんだ!」と安心することもできました。でもそれだけじゃなく、不機嫌な人に対する対応なども、すごく役に立ちました。

5)どんな人にライター塾の参加をすすめたいですか?

ライターを始めたばかりの人とか、他の仕事と兼業でしている人にすすめたいです。
プロの人がいても、江角さんの進行が誰もおいていかない丁寧な進行なので、「未経験だから」とか「兼業だから」と気後れすることがないと思います。

わかばさんのブログはこちら!
https://www.wakaba-nihongo-writer.net/

わかばさんは、インタビュー講座の次の日にさっそくインタビューのお仕事があり、講座でやったことを実践してくれたそうです。そしてこんなうれしいメッセージをくれました。

昨日の練習のように深くお話が聞けました!インタビューの楽しさ、再確認しました!

講座のことを「誰も置いていかない丁寧な進行」と言っていただけたのは、すごくうれしいです。相談室もインタビュー講座も、そのための少人数制なので、良かった!

感想、ありがとうございました。

Youtubeデビューしました!

ライター塾がどんな雰囲気になるのか、動画で紹介したいと思い、動画制作のお仕事をしている夫に協力してもらい、過去のライターお悩み相談室の様子を編集して、紹介しています。

動画に使ったのは、浜田綾さん(@hamadaaya914)がゲストに来てくださった「第15回ライターお悩み相談室」の様子。浜田さん、参加者の皆さま、ご協力ありがとうございました!

動画では、なぜライター塾を始めようと思ったのか? という話のほか、どんな環境で仕事をしているか、また塾の会場となる「保存食lab」の雰囲気なども見ていただけると思います。

ライター塾の紹介部分はすっきりとシンプルにまとまっているはずなのに、最後の最後に、動画に使えなかったメイキングシーンを夫が載せていて、そこが大変に恥ずかしいのですが…。1分半と短いので、良かったら見てみてください。

動画制作のご依頼も待っています!

スタジオ彩稜
http://www.studio-sairyo.com/index.html

1月にスタート!少人数制のライター塾

「ライターお悩み相談室」を始めて2年。駆け出しのライターさんや同じくお母さんライターの方など、具体的にライターさんの活躍を応援する方法として、書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)を始めることにしました。

講座の内容は、1回3時間×5回。

(1)ライターとは
(2)インタビュー講座(人生を変える「聞き方」メソッド)
(3)文章講座①
(4)文章講座②
(5)SNS発信で新規仕事を得る

3ヶ月かけて、ライターとして活躍するための基礎を学んでもらうため、実際にインタビューをしたり、原稿を書いたり、実践もたくさんあるので決して楽ではないと思います。

定員5人の少人数制で、密度の濃い講座にしたいと思っています。

少人数制にしたのは、一人ひとりに向き合って、具体的なアドバイスができたらという思いもありますが、もう一つ、私がHSP(ひといちばい敏感な人)かつ内向型な性格で、大人数の教室ではすごく気を遣って疲れてしまうから(笑)でも、HSPだったり、内向型という性格は、ライターをする上ですごく役立ってくれています。

ライター教室に行ってみたいけれど、大人数で学ぶのがしんどいという、私と同じような感覚の人にも来てもらいやすい環境にしたいなと思っています。

▼▽▼詳細はこちらをどうぞ▼▽▼

https://writerkyoto.doorkeeper.jp/events/99258

わたし
いま決断するとお得です♪

今回が第1期となるので、5名さま限定、初回のみの価格となっています。

年明けに、事前個別相談会もします!分割払いの相談にものっていますので、どうぞお気軽に。

先日の相談会では、50歳の女性の方が「私に出来るか不安です」と来てくださいました。前回紹介した参加者のデブ子デラックスさんも言っていましたが、年齢は関係ありません。書くこと、聞くことを学んだら一生の財産になると私は思っています。

来年をよりよい年にしたい方へ。
気になっている方は、どうぞ決意して、えいっと年内にお申込みください!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。