【お仕事しました!】雑誌「婦人画報」2020年2月号にて島田耕園工房さんの作品を紹介しています。

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。

12月28日発行の「婦人画報2月号」にて、京都は二年坂に工房を持ち、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・執筆をしました!

created by Rinker
講談社
¥2,600 (2021/03/02 17:08:09時点 Amazon調べ-詳細)

今回は、お雛飾りの御所人形をご紹介しています。

撮影は、紅葉シーズン真っ盛りの京都祇園にて。

婦人画報2月号の特集では、セドナの美しい写真とともに大好きな吉本ばななさんのエッセイも載っていたので、隅々まで目を通し。あとは、作家・山内マリコさんのコラムとともに始まる富山旅行のページがよみごたえあり!!

富山には今年の秋に初めて、取材で行きましたが、おいしいものとたくさん出会えそうな、冬の富山にまた行きたくなりました。

婦人画報の誌面は、写真が美しく、誌面全体がゆったり優雅で、ホント読むといつも穏やかで贅沢な気持ちになれる。

年末年始のお供にぴったり。手に取って、じっくり読んでもらいたいです。

created by Rinker
講談社
¥2,600 (2021/03/02 17:08:09時点 Amazon調べ-詳細)

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。