京都 出町桝形商店街にある古本屋「El camino(エルカミノ)」に、ZINE「京都 麗しの洋館たち」を置いてもらっています!

京都の洋館を6箇所紹介した、自費出版の手作り冊子「京都 麗しの洋館たち」を出町桝形商店街内にある古書店「El camino(エルカミノ)」さんで取り扱ってもらえることになりました!!!

きっかけは、ライター仲間のゆきえがフェイスブックに投稿してくれたこと。

ゆきえは、ポルカで支援してくれた1人で、完成した冊子を送ったら、さっそくフェイスブックで紹介してくれて、それを見たゆきえの友人でエルカミノのオーナー・田中さんが興味を持ってくれて、今回、置いてもらえることになりました。

SNSすごい!友達すごい!ご縁すごい!ってなってます。

広告

魅惑の古書店「エルカミノ」

古書店「エルカミノ」は、小さな映画館「出町座」のすぐとなりにあります。

出町桝形商店街は大好きで、よくお店の前は通っていたのですが、中がこんな楽しいことになっているなんて!!!古本屋さんって、本が数百円で買えるんですよね。って当たり前なんだけど。村上春樹のハードカバーのノルウェイの森が上下セットで400円とかで置いてあり、大興奮しました。

本のセレクトがすごく好きな感じだった!!!
京都が舞台の本コーナー

美術書、絵本、専門書、映画パンフレット、京都関連本などの買い取りもされているそうで、ここで買って読んだらまた売りに来て…とエンドレスで通いたい。

洋館ZINE「京都 麗しの洋館たち」は京都本コーナーにあります!

私のZINEは、お店の奥にある「京都の本」の棚に置いてもらえることになりました。

うれしいことに、こんな風によく目立つ場所に並べてもらっています。

お店に行かれた方は、ぜひ手に取ってみてみてください!(そしてぜひ買ってほしい!)

販売店、募集中です!

洋館ZINEを置いてくれるお店、まだまだ募集中です。

引き続き、オンラインショップもよろしくお願いいたします!

エルカミノ データ

住所 : 京都市上京区三芳町132
時間 : 平日10:00〜21:00 土日10:00〜19:30
火曜定休

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。