心の感度を上げてチャンスに気付ける人になる!

  • ブックマーク

書くことを仕事にしたい人のためのライター塾
書くを仕事に!京都ライター塾」を主宰する
フリーライター歴15年の江角悠子です。

このコラムではこれからライターを目指す人、
ライターになったけど悩んでいる人に向けて
ヒントとなることを目指して綴っていきます。

昨日、日めくりカレンダー
またまたいい言葉に出会ったので
即、写真を撮りました。

それは、19世紀ロシア文学を代表する世界的巨匠
ドストエフスキーの言葉

新しい一歩を踏み出すこと、
新しい言葉を発することは、
人々が最も恐れることである。

って書いてあって。

新しい一歩を踏み出すことって
やっぱりすごく怖いことなんだよなぁ。

だからこそ、
一歩踏み出せる人って
偉大なんだよな、憧れるんだよなって
しみじみしたんですが…
こんな風に日常で
いい言葉に出会えると
すーごく得した気がします!

いつも「いい言葉」が落ちてないかなぁって
アンテナ張って探しているような気がします。

インタビューするときはその際たるもので。
どんないい言葉が飛び出すか
絶えず待機してる感じだけど
その習慣が日常にもあって。

・本の中の一文
・誰かとの何気ない言葉
・ドラマで聞いた台詞
(こないだの記事もそうですね↓)


いたるところで
ハッとするような言葉に出会えるので
ホント毎日宝探しをしてるようなものだなぁと
ふと思ったりしました。

ただ、そうした言葉に出会えても
キャッチできるかどうかは自分次第。
気付けるかどうか、がすごく大事です。

このアンテナが育ったのも
日々ブログを書いているおかげだなぁと思います。

ブログを書くことが決まっていたら
ネタが必要になってくるので
ネタはないか、常に探す頭になるのです。

このコラムを書くことも習慣化するようになって
前よりいっそう、宝探しをするようになったような気がします。

日々、心の感度を上げると
毎日が楽しくなるし
人が気づかないチャンスに気づけるようになる。

感度を鍛える手段の一つが
やっぱり書くことなんだよなぁって思ったりするのです。

さて、今日はいよいよ
書きたいけど書けない人のためのブログ講座」です。

伝えたいことがあり過ぎて
時間内に納まるかどうかドキドキしていますが。

参加してくださる方、
どうぞよろしくお願い致します!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。