【メルマガ配信しています!】書いて、自分と向き合って、自分らしい幸せを見つけるためのヒントをお届け。

  • ブックマーク

私は大学を卒業後、4つの会社で働いたのち、29歳のときにフリーライターになりました。

卒業後にまず就職したのは、専門学校。


そこで事務職員として働いていたのですが、書くことに携わりたいという夢を諦め切れず、大阪の会社で月刊誌を作る編集部へ転職。

が、京都から大阪へ通勤する際の満員電車にどうしても耐えられず。

広告代理店に転職して、デザイナー兼コピーライターとして働いていました。
2年ほど働いていたのですが、危うく倒産の危機。

再び別の広告代理店へ転職したのですが…その会社が(当時)社内で喫煙するのがOKな会社で、部屋中に漂うタバコの煙に頭痛が治まらない。これは続けられないと思い、4日で退社。

行くあてを失って、なりゆきでフリーライターになりました(笑)


きちんとビジネスを学んだわけでもなく、試行錯誤しながらフリーランスをやってきましたが、それでも29歳以降15年間、ライターとして生計を立ててきました。

主宰する京都ライター塾の卒業生には、連載を持ち、立派にライターとして活躍している方もいます。

個人向けライティングコーチの受講生は、ブログを書くことが怖くなくなって発信できるようになり、結果ライター仕事を依頼してもらったり、出版社に企画書が通ったり。

書くことで幸せに近づくヒントは、お伝えできているんじゃないかと自負しています!

フリーライターになるまで取材をしたこともない
出版社に勤めた経験もなく
書くことをきちんと学んでもいない。

思えば、何も持っていなかった29歳の私が京都を拠点に『anan』『婦人画報』などの雑誌のほか、ウェブメディアで編集長をしたり、署名記事もかかせてもらえるようになった。

最近は書籍のブックライターをしたり、編集者として本の出版に携わったり、大学で非常勤講師として編集技術の講座を持つなどなど。

着実に「書く」ことで、自分の人生を切り拓いてきました。

何者でもない私がどうやってそこまでたどり着いたのか、メルマガでは、その「秘訣」をたくさんシェアしていきたいなと思っています!

私のセッションや講座、イベントはメルマガで先行してご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録しておいてください!

もちろん無料で、解除も簡単にできます。

書いて、自分と向き合って、
自分らしい幸せを見つけるためのヒントをお届け!
平日のランチタイムに配信!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。