オンライサロン内で「グループお悩み相談室」を実施!「幸せは自分で作れる」

  • ブックマーク

8月からスタートしたオンラインサロン「くらしの編集室」

ライター歴15年。書くことで人生を変えてきたと自負する、わたくしライター・江角悠子主宰の書いて話して、自分と向き合って、自分らしい幸せを見つける場所というのが、このサロンのテーマです。

書きたいことが分からない人も、誰かと話すことで、そのままの自分を見つけられる気がしています。書きたい仲間で集まって、みんなでおしゃべりして、アウトプットして、ゆるゆる繋がれたら。そんな場を目指して始めました。

オンラインサロンでは、毎月3つのオンラインイベントを実施しています。

  1. グループお悩み相談室
  2. もくもくブログを書く会
  3. 不定期勉強会

グループお悩み相談室をZoomで開催

先週の金曜日は、月に一度開催しているオンライン「グループお悩み相談室」の日でした。それは

フリーライターの実績15年の江角悠子が、書くこと、フリーランスで活動していくこと、稼ぐこと、子育てのこと、京都暮らしのこと、そのほかもろもろ何でもお答えします&みんなでお話しましょう!という2時間。

今回は、イベントのレポ記事を書くときに押さえておきたいポイントについて、また見積りの出し方、新規仕事を依頼してもらうためにできることなどなど、いろんなことをお話しました。人と会って気軽に話す機会が減った今、このなんてことない雑談できる時間が、私にとってもすごく大事な気がしています。

それで「相談室」の最後に「幸せ」をテーマにインタビューのやりあいっこをしてもらったのですが、その際に「幸せは自分で作れる」というお話をしました。

クッキー瓶 ドリンク

私は仕事をする前はいつも自分のご機嫌をとるべく
好きなドリンクとおやつを用意して
テンション上げて仕事をスタートさせているのですが。

金曜日の朝、いつものように
自分のために抹茶ラテを作って
大好きな焼き菓子をつめ込んだ瓶から
好きなクッキーを選んでいて思ったのです。

「幸せって自分で作れるんだよなぁ」って。
むしろ自分で作らないと、誰も作ってくれないんだなって、ふと気付いたのです。

たとえば。白馬に乗った王子様が私を見つけてくれて「幸せにします」と言ってくれたとしても。

王子の思う幸せと、私の考える幸せが違っていたら、どんなに王子が頑張ってくれたとしても、私は永遠に幸せになれないじゃないですか。

まずは私が考える幸せは何なのか
把握していないと、幸せになれない。

私がどうすれば幸せになれるかが明確になれば
あとはそこに近づくために努力をすればいい。

もしそれを王子が手伝ってくれるというのなら
ありがたくお願いするけれども。

幸せは自分で作れる。

じゃあ、私の幸せって何なの?
ということで、お互いにインタビューをしてもらったのでした。

人から質問されて初めて考えたり、対話を通して見えてくる自分がたくさんあったんじゃないかなぁと思っています。

参加してくれたしょうこさんがさっそく
感想レポを書いてくれたので紹介します!

しょうこさん

今回のお悩み相談の中で「あなたにとっての幸せって何か?」を問われて、自分が本当に大事にしたいことが、気付いていたけれど、くっきりと浮かび上がってきました。

そう、私自身がコーチングを受けていてもよく思うんですが、うすぼんやり頭の中で思ってても、聞かれて自分の口で言うことで、改めてハッキリ意識できることがある。

また、しょうこさんは

しょうこさん

江角さんのオンラインサロンやライター塾にいると、自分に自信がないという気持ちが何だか小さくなっていって、等身大の自分でいいんだよ、と不思議と思えてくるのです。

とも書いてくれてて、
ホント涙が出そうなくらい嬉しかったのでした。

自己肯定感が低いどころではなく自己否定してた私が、ようやく自分を受け入れられるようになったので、書くことを通して、みんなもそうなれたら良いのになって思っているので。

さて、明日の不定期勉強会では、
Instagramで大人気のライターさん、
おおのしょうこさんにお話を伺います
イベントに参加してみたいなぁと思われたら、
今からでも十分間に合います!

ぜひ書くことについて、いろいろお話してみませんか(過去のお悩み相談室のアーカイブも見ていただけます〜)

オンラインサロンはこちらから!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。