「ライターお悩み相談室」&「インタビュー講座」に参加した人が、どう変わったのか?感想をご紹介します(1) 

  • ブックマーク

来年からスタートする書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)。

これまでに「ライターお悩み相談室」や単発の「インタビュー講座」に参加してくれた方の感想をお届けします!

参加してみて

まずは、そのどちらにも参加してくださった、コスメ&メイクライターの古賀さん!


古賀令奈さん (@airen083

古賀さんは、とあるメディアでのベスト10のうち2、3、4、5、7、8、10位に古賀さんが書いた記事がランクインするなど、ご活躍のライターさんです!

1)参加したきっかけ

ずっと「ライターお悩み相談室」に参加してみたかったのですが、育児の兼ね合いで難しく諦めてきました。そんなときに「絶対行ってみるべき!」と先輩ライターさん(藤田幸恵さん@yukie_fujita )が背中を押してくださり、思い切って娘を預けて参加することができました。

2)参加前の思い

ライター関連のイベントに行きたくても、育児を理由に諦めてきました。でも、お悩み相談室への参加をきっかけに他のイベントにも参加する気持ちが湧くように。以来、お悩み相談室をはじめさまざまなイベントに参加できるようになりました。最初に動き出すための大切なきっかけをもらったと思っています!

3)参加後に感じた変化や成長したと思うことは?

江角さんをはじめ、著名なライターさんと交流させていただき、尊敬する皆様が気さくに話してくださることにとても驚きました。京都を中心に近畿のライターさんとの交流が増え、コミュケーションや情報交換ができるようになったことが、私にとって貴重な変化です。

4)教室の雰囲気や江角の印象について

おしゃれな会場で、その雰囲気も魅力的です。

個人的には、江角さんのnoteでのぶっちゃけ話が好きです。繊細なのにズバズバと書かれる文章に、いつもグイグイ引き込まれています。実際にお会いしたら、お上品でさっぱりされた方なので、そのギャップも素敵だなあと思っています。

5)どんな人にライター塾の参加をすすめたいですか?

本気でライターを目指している方に、ぜひ参加していただきたいです。江角さんのもとで学べるなんて最高の贅沢です。いち主婦ライターに夢と希望を与えてもらえました。

主な仕事実績

 

古賀さんは、メイクで悩める人のために、「メイク相談室」も始められています。

気になる方は、ぜひ古賀さんのブログをチェックしてみてはいかがでしょうか!
コスメ&メイクライター・古賀令奈の『まいにちがコスメ日和』

noteが面白いといってもらえてうれしいです(笑)

ブログでは書けないこと、仕事の裏側、日々感じたことを有料の月刊マガジン「京都くらしの編集室」に書いています。次に出る本の話や育児のこと、最近は自己肯定感についていろいろ考えており…ぶっちゃけ話ばかり、私の頭の中をそのまま書きなぐっているような感じではありますが、興味ある方はぜひ。

月額制の定期購読マガジン「京都くらしの編集室」

1月にスタート!少人数制のライター塾

「ライターお悩み相談室」を始めて2年。駆け出しのライターさんや同じくお母さんライターの方など、具体的にライターさんの活躍を応援する方法として、書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)を始めることにしました。

講座の内容は、1回3時間×5回。

(1)ライターとは
(2)インタビュー講座(人生を変える「聞き方」メソッド)
(3)文章講座①
(4)文章講座②
(5)SNS発信で新規仕事を得る

3ヶ月かけて、ライターとして活躍するための基礎を学んでもらうため、実際にインタビューをしたり、原稿を書いたり、実践もたくさんあるので決して楽ではないと思います。

定員5人の少人数制で、密度の濃い講座にしたいと思っています。

少人数制にしたのは、一人ひとりに向き合って、具体的なアドバイスができたらという思いもありますが、もう一つ、私がHSP(ひといちばい敏感な人)かつ内向型な性格で、大人数の教室ではすごく気を遣って疲れてしまうから(笑)でも、HSPだったり、内向型という性格は、ライターをする上ですごく役立ってくれています。

ライター教室に行ってみたいけれど、大人数で学ぶのがしんどいという、私と同じような感覚の人にも来てもらいやすい環境にしたいなと思っています。

▼▽▼詳細はこちらをどうぞ▼▽▼

https://writerkyoto.doorkeeper.jp/events/99258

 

わたし
いま決断するとお得です♪

 

今回が第1期となるので、5名さま限定、初回のみの価格となっています。

個別相談会もしています!

 

気になる方はどうぞ、年内にお申込みください!

 

 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。