1日だけ、大人も夏休み。「美山町自然文化村 河鹿荘」で川遊び!

広告

 

一気に夏が到来!我が家で毎年恒例となった美山の川遊びに行ってきました。

場所は、「美山町自然文化村 河鹿荘」からすぐのところ。京都市内からは車で1時間半くらい。ここまで行かなくても川遊びできるところはたくさんあるのだろうけど、行くまでに緑のトンネルを抜けたり、田んぼの中を走ったり、ちょっとずつ町中から自然の中へと意識を切り替えていく時間が必要で。

この時間があるからこそ、なんかいいのではないかという気がする。

広告

澄んだ水と青い空、白い雲

何だか慌ただしかったこの1週間。

いろんな情報をシャットアウトして、自然の中に身を置くことでようやく一息ついた気分。

もう、わたしは森の中に住みたい。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥37,180 (2019/10/17 16:16:57時点 Amazon調べ-詳細)

川の冷たい水に浸り、体を冷やしたら、タープの下でまったり。このタープが熱をしっかり遮断してくれるので、過ごしやすい。高かったけど買って良かったアイテムの一つ。

子どもたちは、ずっーと川に潜って遊んでいた。遠くから子どもたちが楽しそうに遊んでいる姿を眺めている時間が至福のときだった。こういう時間がわたしは好きなのだなぁと思う。好きな人が楽しそうにしている姿を見ることが。

とはいえ、そんな姿を遠くから眺めていられる時間は少なく、魚が泳いでいるのを見つけたといっては、わたしを呼びつけ、潜る様子を見といて〜!と言ってはわたしを呼びつけ、ボールで遊ぼうと言ってはわたしを呼びつけ、ほぼ川の中に一緒にいたのだけど。

いつもなら河鹿荘にある温泉に入って帰ってくるのだけど、台風の影響でただいま外来のお客さんは温泉に入れないようで、残念。

それならばと、河鹿荘から車で30分程の距離にある「スプリングスひよし」にいったところ、入り口に大行列ができていて、これはムリだと断念。ソフトクリームだけ食べて帰ってきたのでした。

でも、1日だけの夏休み気分、楽しかった〜。

美山町自然文化村 河鹿荘 データ


京都府南丹市美山町中下向56
0771-77-0014
http://miyama-kajika.com/

\子連れキャンプで行ってよかった!/

\美山に行ったらここも寄りたい!/

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!