京都「スプリングスひよし」の温泉♪[子連れでお出かけ]

  • ブックマーク

先日、前から行ってみたかった「スプリングスひよし」へ行ってみました!ここには道の駅みたいな地元の野菜をたくさん置いてあるコーナーがあって、そこにはときどき立ち寄っていたのですが、この日は念願の温泉に入ることに。

text by:江角悠子(@ezu1030

広告

スプリングスひよし

温泉にだけ入ろうと思っていたのですが、天然温泉に加え温水プールもあって、同じ料金でどちらも入れるというのだから、そりゃ温水プールも入った方が得でしょ!ということで急きょ、水着をレンタルしてプールも入ることにしたのでした。レンタル水着が大人も子どももとにかく1人100円という設定。良心的!ありがたい。

ちなみに温泉・温水プールの料金はこちら。

大人1人1回 800円
小人1人1回 400円

施設はすごくきれいで、広いフードコートもあり。まずはお腹を満たしてから泳ぐことに。

たまごかけご飯セット380円、安い!美山平飼卵のたまごかけご飯です。

赤い韓流ラーメン720円。

駅そば430円。

お手頃価格がうれしい。この日は雪のせいか人も少なく貸切状態でのんびり楽しめました。

温水プールは、滑り台があるようなプールではなく、スポーツジムにあるようなシンプルなプールでしたが、子どもが泳げる浅い小さなプールもあり、ビート板や小さな腕にはめる浮き輪なども用意されていて、幼児や小学生も十分に楽しめました。

家の小さなお風呂ですら1時間くらい遊べる子どもたちなので、これだけ大きなプールで潜ってもバタ足してもいいというのだから、楽しくないわけがない。プールの何がいいって、体力を使うところ。体力の有り余っている子どもたちが存分に遊んでバタンキューとなってくれるところが、本当にいい。

私も久々に25メートルプールで平泳ぎをしてみたのですが、水の中は本当に体力がいる…50m泳いで息が切れました。ぜぇぜぇ。ダイエットにいいな。

その後、温泉に移動して、温かなお湯でまったり。露天風呂もあったのですが、これがまた雪を見ながらの露天風呂となり、本当に至福、最高、この上ない極楽の温泉タイムでした。雪見風呂サイコー。

BBQができるコーナーもあるし、またいい季節に遊びに来たいなぁ。次行くなら、朝から行って午前中はプール、お昼ご飯をはさんで温泉+岩盤浴やマッサージもあったし、こちらも堪能してみたい。夫はまた今週末にでも温泉に行きたいくらい気に入ったらしいけれど。雪が…果たして…この雪がどうなっていることか。

スプリングスひよし データ

〒629-0335
京都府南丹市日吉町中宮ノ向8番地
0771-72-1526
http://www.springs-hiyoshi.co.jp/

—–

雪がホントすごいですねー。うちの周りは雪が全然とけないうちにまた降り積もるもんだから、ず~っと雪景色。まるで雪国のよう! そして昨日、私は風邪でダウンして寝ていたところ、娘も発熱して保育園から呼び出し。寝てもいられない…というわけで1日ブログをお休みしていたのでした。

さて週末は、ご縁あって南丹市の方に薪を譲っていただけるということで、張り切って行ってきました! 雪の予報を見ながらドキドキしていたのですが、まだ積もるほどでもなく降り始めだったので行ってしまおう!ということで行ってみたら、南丹市は吹雪いていました。

薪をもらいに南丹市まで。吹雪いてる。 #薪ストーブ #薪ストーブのある暮らし #雪 吹雪

ライター小春/江角悠子さん(@yuko_ezumi)が投稿した動画 –

無事、薪の積みこみ完了。30年物の薪、本当にありがとうございますー!!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。