焼肉を食べながら、新元号「令和」を知る。

広告

春休み、小4の息子は学童に行っていないため、毎日家にいてゲームばかりしているし、年度末で保育園も休みになって4歳の娘も家にいるし、もうどうにも仕事にならないので、一切を諦めて島根に帰省中。

小学生はみんな春休みは何をしているのだろーか。息子はゲームをするか、Youtubeを見るか、しかしていない。友だちと外で遊べばいいのに、そう言うと「オンラインゲームで一緒に遊んでる」とか言うし。

さて、新年度スタートの本日。

バイキングのお店で焼肉を焼きながら、新年号を知る。シュール。

行ったのは、母親が見つけてきた「焼肉&グルメバイキングかたおか 松江店」。精肉店直営だから、お肉おいしいし、カレーやラーメンもお鮨も食べ放題だし、ソフトクリームが自分で作れるし、綿菓子もあるし、あの充実ぶりで平日ランチ大人1,500円はすごい。

号外も手に入れた。

出雲でいろいろお出かけして楽しかったので、またボチボチ紹介したいと思います。

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!