弟の江角泰俊がJALグループ新制服のディレクション、デザインを手掛けました!

  • ブックマーク

東京でファッションデザイナーをしている弟の江角泰俊が、JALグループ新制服のデザインを担当しました!!!!

姉として、このニュースがもう、うれしくてたまらない!!!というただそれだけの理由でこの記事を書いています!弟、すごい。

センターにいる男性が弟。

この制服は2020年4月から着用となるそうなので、そのタイミングでJALに乗られる方がおられましたら、ああ、弟さんがデザインされたのだなぁと思い出していただけるとうれしいです(笑)

——————-

弟の服はデザインも好きなのだけど、素材がよくて、着るとすごく気持ちが良い。女性らしさを全面に出すのではなく、さりげなく女性らしさを感じられるデザインで、私も大好きなブランド。まぁ、余計なお世話だろうけど、弟の作る服が好きで良かったなぁと思っています(笑)

弟の服を着ていると褒められることが多いし、どこのブランド?と聞かれることも多いので、いつも嬉々として着ています。

このスカートやワンピースなどは、どれもEZUMi。

 

どこで買えるの?とよく聞かれるのですが、置いている店舗を私はよく知らない。

けれど、オンラインショップで購入可能です!気に入ったものがあればぜひ!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。