弟の江角泰俊がJALグループ新制服のディレクション、デザインを手掛けました!

広告

東京でファッションデザイナーをしている弟の江角泰俊が、JALグループ新制服のデザインを担当しました!!!!

姉として、このニュースがもう、うれしくてたまらない!!!というただそれだけの理由でこの記事を書いています!弟、すごい。

センターにいる男性が弟。

この制服は2020年4月から着用となるそうなので、そのタイミングでJALに乗られる方がおられましたら、ああ、弟さんがデザインされたのだなぁと思い出していただけるとうれしいです(笑)

——————-

弟の服はデザインも好きなのだけど、素材がよくて、着るとすごく気持ちが良い。女性らしさを全面に出すのではなく、さりげなく女性らしさを感じられるデザインで、私も大好きなブランド。まぁ、余計なお世話だろうけど、弟の作る服が好きで良かったなぁと思っています(笑)

弟の服を着ていると褒められることが多いし、どこのブランド?と聞かれることも多いので、いつも嬉々として着ています。

このスカートやワンピースなどは、どれもEZUMi。

 

どこで買えるの?とよく聞かれるのですが、置いている店舗を私はよく知らない。

けれど、オンラインショップで購入可能です!気に入ったものがあればぜひ!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!