海が見える福井県の「赤礁崎(あかぐりさき)オートキャンプ場」へ行ってきた!

広告

先週末、アウトドア用品を扱うお店『WILD-1』が主催するキャンプイベントへ行ってきました!会場となったのは、福井県の「赤礁崎(あかぐりさき)オートキャンプ場」。

海が見えるし、設備はキレイだし、子どもが遊べる遊具があり、海釣りもできる…と子連れキャンプに最適なキャンプ場でした〜!

広告

京都市内から約2時間「赤礁崎オートキャンプ場」

福井県にある「赤礁崎オートキャンプ場」までは、京都市内から約2時間。海がすぐ目の前に広がる、気持ちのいいキャンプ場です。

6月のキャンプは梅雨の時期ということで、雨が心配だったのですが、テントを張っているた時は曇り空だったのか、途中から見事に晴れてきました!

晴れ女パワー発揮!

遊歩道から見る日本海。

テントを張ったらさっそく乾杯。これがキャンプの楽しみ!(笑)

キャンプ用品が並ぶ展示会場

『WILD-1』のイベントということで、協賛するアウトドアブランドのさまざまな商品が展示され、購入できるようになっていました。

可愛いテント。

こんな形のテントもあるのか。面白い。

車の天井に取り付けるタイプのベッド?。ベッドも気になったけど、木の装飾がなされたこの車の可愛さ!センのよさ!この車がほしい!

遊具スペースと海釣りエリアも

オートキャンプ場から徒歩で10分ほどのところに、こんな遊び場もありました。

野外トランポリン。これは楽しいでしょう(私も飛んでみた)。子どもたちを連れて行ったら、2時間くらいビヨンビヨン飛び続け。

まだ飛ぶか〜! 帰る気配なし。連れて帰る方が大変だった。

イカ焼きとポップコーンのサービス

イベント参加者にイカ焼きとポップコーンの振る舞いもありました。ここの売店がものすごく充実していて、いろいろ忘れものしても買えば大丈夫!な品揃えで安心でした。毎回何かしら忘れ物する私たち家族にとって、何ともありがたい売店。

夜ご飯はポトフ

今回のお昼ご飯は、バーベキューはせず、生ハムやチーズなどお酒のアテをつまみつつだらだら飲み、夜は厚切りベーコンがこれでもか!と入ったポトフ。ざく切り感がすごい。

フタが閉まらない。

が、これが完成したらめちゃウマ!!これだけの量があったのにあっという間になくなったのでした。

今回バーベキューをしなかったら、材料費がめちゃくちゃ安くてビックリ。毎回、バーベキュー用のお肉を買うのにけっこうな費用がかかっていたんだなと判明。今度から、こんなシンプルな料理でもいいのかもしれないなぁ。まぁ、キャンプで食べれば何でも美味しい。

海釣りスポットも

翌日、テントもすべて片づけた後で海釣りスポットへ。 どうしても釣がしたい子どもたちと、面倒くさいから早く帰りたい大人とのせめぎ合い。で、負けてやるだけやれば気が済むだろうということで、とりありず行くことに。

お昼過ぎて15時とかだったので、もう魚はいないらしいが。

売店で購入した餌「おきあみ」をセッティング。まぁ、案の定魚は釣れなかったんだけど。餌だけは大量にあったから、最後は鯉に餌をやるかのように、ばらまいて終了。息子は気が済んだよう。

夏には海水浴場へも歩いていけるとか。

いやぁ、盛りだくさんのいいキャンプ場でした!

赤礁崎(あかぐりさき)オートキャンプ場 データ

福井県大飯郡おおい町大島21-95

福井県大飯郡おおい町大島21-95 赤礁崎オートキャンプ場
0770-77-2800(ご予約受付時間 9:00~16:30)

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!