月曜断食を1クール終了。2ヶ月目に突入。

  • ブックマーク

先月から始めた「月曜断食」。この日曜日に4週終え、一つの目安となっていた1クールが終了しました。

これまでの経緯はこちらから。

「月曜断食」1日目終了!
月曜断食をしてみてその翌日。体と気持ちの変化。
月曜断食をして1週間経った雑感。寝覚めがものすごく良くなった!

4週間やってみて感想

体重はトータルで、1.2kgのマイナス。思ったより減らなかったなぁ。でも体はとにかく軽い。

1日何も食べないというのも、水を飲んで過ごせばまぁ何とか乗り切れる。それよりも土日にちょっと食べ過ぎてしまうと、テキメンで翌日体が重くて、いや〜な感じになるので、私は常にお腹空いているくらいがいいのかもしれない。

1クールやってみて感想は、とくに大変なことはなく、むしろ体が軽く爽快でもうしばらく続けてみようと思っている。

「1クール終わったし」と思って、昨日の月曜日は断食をやめて、1日普通にご飯を食べていたら、何となく違和感があって。胃が小さくなったのか、今までとおりの感覚で食べていると食べ過ぎ状態。すぐにお腹いっぱいになってしまう。

というわけで、今日また断食をしていて、明日からまた炭水化物を取らず野菜を中心としたご飯にしてみようかと思う(本当はオリジナルでやってはいけないと本に書いてあるのだけど)

ご飯の時間が楽しみになった!

月曜断食をしていちばん変わったのは、食への意識。

以前はだらだらとおやつを食べながら、コーヒーをガブガブ飲みながら仕事をしていたので、お昼の時間になっても夕飯の時間になっても、全然お腹が空いていなかった。食事が全然楽しみじゃなかったし、むしろ面倒くさいし、食べる時間がもったいないとすら思っていた。

なぜ人は1日に3回も食事をとらないといけないのか、と大げさに言うならば、ちょっとネガティブな気分になるくらい。それが1日に何度も訪れるって、健康的じゃない。

でも月曜断食を始めてからは、間食を摂らないようにして、カフェイン抜きにしていたので、食事の時間になるとちゃんとお腹が減る。

お腹が減るから、ご飯の時間がものすごく楽しみになった。「1日3回しかない、貴重なご飯タイム」という感覚に変わったのだ。すると、これが心にとても良い。あんなに面倒くさい嫌だったことが、楽しみとなり、それが1日3回もあるのだから。

野菜の味もはっきりと分かるようになった気がするし、一口一口を大切に、ありがたく食べられるようになった。これが「月曜断食」の一番の収穫かも知れないなぁと思う。

とにかくすっきり起きられる

さらに、月曜断食をしていて良かったのは、朝がすっきり起きられるということ。

毎朝の習慣としている瞑想も、これまではどんなに続いても7日間しか続かなかったのに(週末にお酒を飲むと途切れる)、月曜断食を始めてから何と!お酒を飲んだ翌日も、一度も途切れることなく、毎朝起きて瞑想ができている…!

以前ブログで紹介した無料アプリ「MEISOON」には、何日連続でログインできるのかチェックする項目があって、ここがいつも最高7日間で途切れていたのが、今日はついに30日連続ログインを達成できて、実に嬉しい。

というわけで、私には合っていたみたいなので、「月曜断食」もう1クール続けてみます。

体重はあと1kg減ってくれたら理想に近づくなぁ。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。