「瞑想」の習慣化を手助けしてくれる、使える!無料アプリ「MEISOON」

広告

自宅でヨガを始めてから、合わせて瞑想をするようになり、今では瞑想の習慣だけが残っています(ヨガはラジオ体操へと変化、今で休みながらも5ヶ月続いています)

昨年から使い出した瞑想アプリがすごく良いので紹介。無料なのに、いろいろ機能がついていて大活躍!

広告

瞑想アプリ MEISOON

それはiPhoneアプリの「MEISOON」というもの。

なにがいいかというと、この3つ!

●瞑想中に流せる鐘の音やヒーリング音楽など、BGMが用意してある
●瞑想を記録する「レコーディング機能」があり、記録するだけでポイントがもらえる
●一言メッセージで前向きに慣れる!

多彩なBGM

気分に合わせて好きなBGMが選べるだけではなく、声で瞑想を誘導してくれるものも(有料もあり)

私が好きなのは、マインドフルネス瞑想の中の「シンギングボールの音」。鐘の音とは少し違う、心地いい音が延々と10分続くというもので、この音を静かに聞いているだけで癒やされる。

記録できる

瞑想をした日をこのように記録できるので、モチベーションも上がるし、5日連続でログインしたら、ボーナスポイントが付いたり、10日連続だとまたポイントが付いたり、続けたくなるような仕組みがにくい。

このポイントがたまると、シルバー会員からゴールド会員のようにランクが上がっていくのです。

カレンダーを見ると分かると思いますが、瞑想を毎日できているわけではありません。

が、できない日も「あぁ、今日はできなかったダメだぁ」とか一切思わず、また「明日やればいっか」くらいの軽い気持ちでいることが、続ける秘訣。

できる日があったり、できない日があったりしながら、私は細々と2年くらい続いています。やめなければ、続けていることになるのだし。

今日のメッセージがとても良い

瞑想が終わったあとに、毎回一言コメントが表示されるのですが、このコメントがとても良い。

瞑想を終えたスッキリした心で読むので、いつもシンプルに胸に響いてくる。

あぁ、今日も楽しい日になりそう!みたいな前向きな気持ちになれるので、本当気分がいい。

というわけで、瞑想をやりたい、続けたい!という人にオススメのアプリの紹介でした!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!