「月曜断食」1日目終了!

広告

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! [ 関口 賢 ]

created by Rinker
¥1,458 (2019/03/23 06:24:00時点 楽天市場調べ-詳細)

本を読んですっかり魅了され、挑戦することにした月曜断食

月曜断食とはざっくり紹介すると、

・1週間のうち月曜日だけ、食べ物を断つ「断食」をする
(基本は水だけを飲んで過ごす)
・火曜〜金曜は身体に必要な栄養素を選んで食べる
・土日は、好きなものを食べて、食べる楽しみを満喫し、心を満たす

こんな感じ。
土日は普通に食べていいなんて、気が楽。

断食前の日曜の夜ご飯は夕方早めにとって、炭水化物はなし、量も全体的に少なめにして就寝。

そして月曜日の朝、することは特にない。

ダイエットによくあるカロリー制限とかだったら、いろいろ考えないといけないことが多そうだけど、断食の場合、ただ食べなければ良いというのが、めちゃラクチン。

ご飯の準備をしなくていいというのが、ご飯のメニューを考えなくても良いというのが、改めてこんなにラクチンだなんて!と思う。

が、お昼過ぎになるとだんだんお腹が空いてきて、断食しているのを忘れて、無意識に何かをつまみそうになる。冷蔵庫をのぞいて何か食べようとして、

わたし
はっ!今日は断食してるんだった!

と我に返り、私はふだんからこうやって、特に何にも考えずにお菓子とか食べてるんだろうなと思う。

空腹はそんなにきつくなく、耐えられないというほどではなかった。ただ空腹で集中力に欠けるのか? 仕事の進み具合はいまいち。作業をしていても、いつもより気がそがれることが多かった。

あと、夫が「え、お腹すかないの?」って1日に何度も聞いてきて、「いやお腹空いてますけど」と答える方がしんどいっていう。

もう一つ地味に辛かったのが、自分は食べないのに、子どもたちや夫のご飯を用意しないといけなかったこと。

昨日の夕飯は麻婆豆腐と大根サラダ。お腹空いてるから、異様においしそうに見える。

空腹を感じるとひたすら水を飲み、昨日1日で結局1.8リットル飲んだ。

夜はもう早めにお布団へ。

 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!