「月曜断食」1日目終了!

  • ブックマーク

本を読んですっかり魅了され、挑戦することにした月曜断食

月曜断食とはざっくり紹介すると、

・1週間のうち月曜日だけ、食べ物を断つ「断食」をする
(基本は水だけを飲んで過ごす)
・火曜〜金曜は身体に必要な栄養素を選んで食べる
・土日は、好きなものを食べて、食べる楽しみを満喫し、心を満たす

こんな感じ。
土日は普通に食べていいなんて、気が楽。

断食前の日曜の夜ご飯は夕方早めにとって、炭水化物はなし、量も全体的に少なめにして就寝。

そして月曜日の朝、することは特にない。

ダイエットによくあるカロリー制限とかだったら、いろいろ考えないといけないことが多そうだけど、断食の場合、ただ食べなければ良いというのが、めちゃラクチン。

ご飯の準備をしなくていいというのが、ご飯のメニューを考えなくても良いというのが、改めてこんなにラクチンだなんて!と思う。

が、お昼過ぎになるとだんだんお腹が空いてきて、断食しているのを忘れて、無意識に何かをつまみそうになる。冷蔵庫をのぞいて何か食べようとして、

わたし
はっ!今日は断食してるんだった!

と我に返り、私はふだんからこうやって、特に何にも考えずにお菓子とか食べてるんだろうなと思う。

空腹はそんなにきつくなく、耐えられないというほどではなかった。ただ空腹で集中力に欠けるのか? 仕事の進み具合はいまいち。作業をしていても、いつもより気がそがれることが多かった。

あと、夫が「え、お腹すかないの?」って1日に何度も聞いてきて、「いやお腹空いてますけど」と答える方がしんどいっていう。

もう一つ地味に辛かったのが、自分は食べないのに、子どもたちや夫のご飯を用意しないといけなかったこと。

昨日の夕飯は麻婆豆腐と大根サラダ。お腹空いてるから、異様においしそうに見える。

空腹を感じるとひたすら水を飲み、昨日1日で結局1.8リットル飲んだ。

夜はもう早めにお布団へ。

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。