桝形商店街で、おいしいお店!「寿司ふじ井」へ行ってきました!

  • ブックマーク

同志社女子大で授業のある日は、桝形商店街をよく行き来するのですが、いつもお店の前を通っては、「おいしそうだなぁ、いつか行ってみたいなぁ」と思っていた「寿司ふじ井」さん。

お寿司屋さんってどうしてもハードルが高く、ずっと躊躇していたのですが、ある日「今日は行くぞ」と朝から決心して行きました。

お店は、桝形商店街の西の入口角にちんまり位置しています。

ランチメニューは松・竹・梅。単品も

決心してお店の前に行ったのですが、やっぱり緊張してきて(笑)…今日は辞めようかなぁと思ったりしたのですが、店舗前にランチメニューが張り出されており、気になるお値段が明快だったこともあり、思いきって入ってみることに。

ネタはメニューに載っています。

お手ごろ価格で、このおいしいさ!このボリューム!

私は一番お手ごろな梅(1,200円)をオーダー。出てきたお寿司が美しすぎて、何枚も写真を撮ってしまった。1200円でこんなにキレイなお寿司が出てくるの?すごい。

まぐろ/タルイカ/海老/はまち/たまご/かつおたたき/とびっこ/さわら西京炙り/サーモン

見た目の美しさに思わず、何枚も撮影。絵になる。

赤だしが思わず唸るくらいおいしくて「お出汁がこんなにおいしいなら、ここはほかに何を頼んでも絶対おいしいわ」と確信しました。小鉢の揚物(山芋を海苔で包んだ一品)も最高においしかった!

寿司は、とーぜん言わずもがな。回転寿司に行ったならおそらく頼まないであろう玉子も、このお店の出すたまごなら食べたいと思う。あと「とびっこ」って、こんなにおいしかったのかって思いました。どれもこれもおいしくて、一人でウンウンと頷きながらいただきました。

お椀や小鉢、醤油皿など、盛り付けてある器も美しくて、さらにはお店の方の接客も心地よく、食べ終わる頃には、お腹も心も満たされていたのでした。

隣りの席の方が、日本酒やビールも注文していて、羨ましかったなぁ(笑)いつか特上のお寿司を日本酒とともに!あぁ、夜にゆっくり来てみたい…と夢が膨らみます。

テイクアウトもあり!

こんな時期なので、テイクアウトメニューがあるの、とてもうれしい。海鮮巻きおいしそう。あ!節分の太巻き、ふじ井さんに注文したらいいのでは!いいことを思いついてしまった。

受付時間は10:30〜19:00でお渡し時間は応相談。

寿司ふじ井 データ

住所:京都市上京区今出川上ル東入表町26
時間:ランチ11:30〜14:00 ディナー18:00〜21:00
電話:075-285-0988

お休み等のチェックはお店のインスタグラムにて!

https://www.instagram.com/sushi.fujii/

そのほか桝形商店街のお薦めスポット

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。