冬だけのお楽しみ「ひさご寿し」のふわっふわの蒸し寿しを初体験!

  • ブックマーク

ライターとして京都のガイドブックの仕事は長くしていたものの、行ったことない名所、食べたことのない名物はまだまだある。

というわけで、先日ライター仲間と初めてひさご寿しの「蒸し寿し」を食べに行ってきました!

全然ブログには書けていないけれど、奈良に続く大人の遠足第2弾。

行ったのは四条河原町を上がったすぐのところにある「ひさご寿し本店」。名店って、こんな機会でもないとなかなか行けない。

この入口に行列ができているのはずっと見てきたけど、お店に入るのは初めて。

12月から2月末日まで限定、冬のお楽しみ・蒸し寿しと茶わん蒸しがセットになったその名も「蒸し蒸しセット」(2,445円)があったので、こちらをオーダー。

蒸すのに15分かかりますとのことで、温かいお茶をいただきながらしばし待っていると、

来ました!! 器も可愛い蒸し寿しが!!

どんぶりのサイズが思っていたより小さいなと思ったんですが…

開けてみると、ぎゅーぎゅーに中身が詰まってました!錦糸卵に海老にギンナンに椎茸、穴子…と、実に具だくさん!!!ご飯の中も炊き込みご飯のように具が盛り込まれていました。

蒸してあるからご飯がふわっふわっで、温かくて、今まで食べてきたちらし寿司の印象とは全然違う。

小振りなどんぶりだなぁと思ったければ、食べてみればだいぶお腹は満たされた。おなかいっぱいでしんどくならない、ちょうどいい量。

ぷるんぷるんの茶わん蒸しも中にも、いろんな具が入ってました!(この写真じゃあ、一切見えないけど)お出汁のおいしさを堪能。この組み合わせは最強。おいしい。

そして、店頭に置いてあって知ったのですが、なんとチンする蒸し寿しなるものがあり、オンラインでも購入できます。河原町まで行かなくても、あのふわふわが家でも楽しめる!

京都に住んで20数年。ようやく味わえて大満足!これはおいしいなぁってみんなでうなづき合う。

知ってるだけで、まだまだ体験したことのない京名物がたくさんあるんだろうなぁ。ちょっとずつ制覇していきたい。

その後、商売繁盛を願い、えべっさんへお参り。こんなに人のいないえべっさんには初めて来ました。鳥居にえべっさんの顔が飾ってあったなんて、この日初めて知りました。

ひっそりと大人の遠足。第3弾はどこに行こうかな。

ひさご寿しデータ

京・河原町 ひさご寿し
〒604-8027 京都府京都市中京区河原町通四条上ル塩屋町344
TEL : 075-221-5409 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。