パン屋さんで朝ごはん「サラムーン」

  • ブックマーク

ボチボチお仕事。
圧倒的に自分だけの時間が少ないから、
前と同じように依頼を受けられないのが、もどかしいけれど、
今は、今できることを精一杯やるのみ…なのです。

さて、先週友達と行ったパン屋さんがとってもよかったので紹介。

お互い朝が都合よかったので、朝会おう!となったのだけど、
朝から空いているカフェは少ない…。で、友達が教えてくれたのが
早朝6時半から開いているイートインできるパン屋さん「サラムーン」。

叡電「修学院」駅から歩いて2~3分のところにあります。
マンションの1階部分、黄色い扉の可愛いお店。
意外とこぢんまりしていたので、自転車で走っていたら通り過ぎそうになりました。

店内に入ると、パンの美味しそう~な香り。
カウンターに可愛く並んでいます。この光景にウキウキ。
カウンターの奥には大きな窯がありました。
ここで焼いてるんでしょうか。

並んでいるパンは、チーズが入ったハード系のものが多数。
青かびに白カビに、よく分からない名前のチーズもあったりしますが、
プレートには丁寧にチーズや味の説明などが書いてあったので
それを参考にしばし悩み…。

3個は食べられないだろうとは思いつつ、どうしても絞りきれず3つ選んで、
お店の人にお皿を渡したら、焼きたてのようにアツアツで、
おまけに食べやすくスライスして出してくれました。

クリームチーズが中に入ったものや、ブルーチーズにクルミ入りのものなど。
チーズ入りばかりだったけれど、どれもあんまりしつこい感じはなく、
ほどよい風味で、意外とあっさり食べられました。
生地もサクサクでチーズとよく合う。

案の定、3つ全部は食べられなかったけれど
残した分はキレイに包装してもらって、お持ち帰り。

パン3つと紅茶(+300円)で、1000円ちょっと。
安くは…ない…。

けど、ここは絶対イートインがオススメ。
パンをどうすればおいしく食べられるか、お店の人が一番知っているし、
その一番おいしい状態でパンを出してくれるから、やっぱり美味しい!

あとは、何といっても早朝から行くべし。
朝早い時間に人と会うことがとても新鮮で、
おまけに朝早起きして何かをしているという、なんともいえない特別感。

早起きは三文の徳。というけれど、本当にその日一日
すごくやる気に満ち満ちて、充実した1日となったのでした。

お外で朝ごはん、良いです。
朝ごはんが食べられるこんなお店、
もっと探してみよう~と思ったのでした。

サラムーン
住所:京都市左京区山端森本町21-4
電話:075-724-4082
時間:6:30~17:00 火休み

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。