夢を叶えるために必要なたった一つのこと

  • ブックマーク

先週、第1期京都ライター塾が終了しました!

私の主催する塾に誰か来てくれるのだろうか? 告知の段階では不安ばかり募っていましたが、いざ覚悟を決めてやってみると、3人の方に来ていただき、3ヶ月全5回の講座を無事に終えることができて、ホッとしています。

第1期は今回で終わりですが、参加者の方には今週、私のインタビューに同行してもらうほか、某企業の原稿もお願いしており、まだまだ引き続きお付き合いが続きます。

これから皆さんがどんな活躍をされるのか、私が一番楽しみにしています!

第2期京都ライター塾の開催日時&詳細はこちらから。
https://w-koharu.com/20100122-2

広告

夢を叶えるために必要なたった一つのこと

さて今日は、夢を叶えるために大事だったのは○○だったのか!という気付きを皆さんと共有したいと思います。

結論から言うと、夢を叶えるために必要なのは、「覚悟」することだと私は考えています。「決める」と言い換えてもいいかもしれません。

とにかく、「○○する!」と覚悟するのです。

こう思うようになったのは、30歳のときにエジプトに行ったことがきっかけ。

p1020171

28歳のある日、私はふと「30歳になったらエジプトに一人旅したいなぁ」と思いつきました。

子どもの頃から遺跡が好きで、将来は考古学者になりたいと思っていたのです。死ぬまでに、何としてもピラミッドが見たい。30歳になったら、見に行こう!と決めて、とりあえず、旅費をためることから始めました。1ヶ月に2万、2年間で50万円近く貯まりました。

そして30歳になったとき、さぁその時が来た!と思って、実際にエジプト旅行の準備を進めると、当時、行きたいと思ったエジプト7日間のツアーが1人25万円ほどだと分かります(旅費がどのくらい必要かも分からずに貯めていた…)50万円近い自由なお金を手にして気持ちに余裕のあった私は、

わたし

え、やっす!!

と思いました(笑)

私の一生に一度の夢!エジプトに行くという壮大な夢は、たったの25万円払えば叶うのか!(しかもお釣りが来る)という衝撃。

その夢が大きければ大きいほど、叶えるまですごく努力して、汗水たらして、はいつくばって、ようやく叶えるものだと思っていたのですが、こんなにもあっさり叶うのか。

夢って簡単に叶うんだなぁと何だか拍子抜けした感覚がありました。

p1020362

ともあれ、夢が叶ったのは「エジプトへ行く」と決めたからだなぁとあとになって思ったのです。28歳の私が「行く」と決めて行動したから、30歳でその夢を叶えることができた。覚悟する、決めることが夢を叶える第一歩なんだと。

でも、決めるまで、決心するまでが、なかなかハードルが高かったりします。

今回、ライター塾には、ライターとしてやっていくかどうか迷っている方も参加してくださいました。

でも講座を通して、ライターという仕事を知り、原稿の書き方を学び、仕事獲得のノウハウを知り、少しづつ覚悟を決めていくのを隣りで感じていました。

覚悟をしたら、あとは行動をするだけ。

どう動けばいいのか、どこに向かって進めばいいのかは、講座を通してお伝えしているので、あとはそれぞれ動くことでチャンスを掴んでいってもらえたらいいなと思っています。

叶えたい夢があるなら、覚悟すること。

そうすることで、行動もできるようになるのだと思います。私が貯金を始めたように、まずは今できることから。

ちなみに、エジプト旅行を決心したときには想定していませんでしたが、30歳目前に結婚しており、1人で行く計画を進めていたのですが、旅費がちょうど2人分あったので2回目の新婚旅行として、夫と2人で行ってきたのでした。

——————-

3年前、40歳になったときにこんなブログを書いていたことに、今さらながら気が付きました(書いたことすら忘れている)覚悟したら、次は行動しないといけないのだよなぁ。一人旅、40代のうちに実現させたいな。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。