【ライターお悩み相談室コラム】いい文章を書くために、まずすべきこと

  • ブックマーク

書くことを仕事にしたい人のためのライター塾
書くを仕事に!京都ライター塾」を主宰する
フリーライター歴14年の江角悠子です。

ライターを目指す人の中には、私と同じように本が好きだったり、文章を書くことが好きという人も多いのではないかと思います。

そういう人が文章を書くと、私もそうですが、うまく書きたいと思ってしまうんですよね。

商業ライターとして原稿を書くときも、美しい文章を書きたいとか私はよく思っていました。でも実際、商業ライターに美しい文章は必要ないのですが…(ここを語り出すと長くなるので)今回はとにかくいい文章を書くために、まずすべきこととは何かについてお話します。

それは…まずは、自分のお手本にしたいと思う「いい文章」を見つけること、です。

例えば、私のブログの文章を好きといってくれる人もいれば、苦手という人もいます。文章の書き方に正解はありません。

人によって「いい文章」は異なるのだから、まずは、自分にとってどんな文章が いい文章なのか? 最初にここを決める必要があります。

ここが決まってしまえば、あとは近づけるようにすればいいだけです (って、ここが難しいのですが)

いいエッセイが書きたいなら、こんな文章が書きたいなと思う文章を見つけて、どんな風に書いてあるのか研究する。

いいインタビュー原稿が書きたいなら、自分の理想とするインタビュー原稿を見つけてきて、そこに近づけるように真似してみる。

自分の書きたい文章を書くときは、それでいいのですが、商業ライターとして原稿を依頼されたときは、まずはクライアントさんの考える「理想の文章」とは何か?を考える必要があります。

どんなに私が「この文章がいい!」と思って書き進めていても、クライアントさんが「良し」としなければ、私の書いた文章は全然いい文章とは言えないのです。なので、最初に双方の考える「いい原稿」のすり合わせをしています。

さて、あなたの思う「いい文章」って、どんな文章ですか。

まずはここを分かっておくと、どんな文章を書いたらいいのか、少しは見えてくるような気がします。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。