40歳になったらしたいこと(夢は意外と簡単に叶う)

  • ブックマーク

10日後に40歳の誕生日を迎えるわけなのですが、何がどうということもないけれど、いよいよカウントダウンという感じで過ごしています。

20歳とか30歳とか40歳とかって、ちょっとした節目ですよねやっぱり。
なんだかいつもの誕生日とは違う気持ちでいて、40代に突入したら何しようかなと最近はいろいろ考えています。
10年前、30歳になったときは、何してたかなってふと思ったら、そういえばエジプトに行っていたのでした。

夢のエジプト旅行

p1020171
小さい頃は、考古学博士になろうと思っていたくらい、古代遺跡が好きだったので、28歳くらいのときに、いつかはエジプトに行きたいという夢を30歳で実行してやろう!と思い立ち、エジプトに行くのに費用がいくらかかるのかとか何も調べず、とにかく毎月貯金だけをしていたらいつのまにか50万円くらい貯まっていて、さぁ!30歳になったぞ、夢を叶えるときが来た!って旅行パンフレットを見てみたら、なんと10万円台からエジプトに行けることを知ってびっくり。

私としては、大枚はたいて結構壮大な夢を叶える気でいたのに、たった10万あれば叶う夢だったんだって思ったら拍子抜け。

私の夢、やっす!

夢って超・簡単に叶うんだ!ってこのとき気が付いたのを今でも覚えている。

p1020165

29歳で結婚していたけれど、エジプト旅行には一人で行く気で、夫は留守番ねと思っていたのだけど、予想外にツアー料金が安くて、50万円あれば2人で行けるじゃんってことになって、結局私が夫の旅費を出してあげて一緒に行くことに。

p1020362

前年に新婚旅行で北欧に行ったばかりだったけれど、エジプトにまで一緒に行き、実質私たちの新婚旅行は2回。

p1020325

小さなころから本で見続けていたアブシンベル神殿、スフィンクス、クフ王のピラミッドなどなど、エジプトで見たいものは全部見れた夢のツアーだった。あぁ、楽しかったな。

40歳の一人旅

それで思いついたのが、40歳になったら旅に出ようということ。しかも一人旅。
私、ものすごい良いこと思いついたな!って楽しくなってきて、さっそく夫に報告したら、「は?なにを寝ぼけたことを言っているのですか」と返されたのだけど、私、全然寝ぼけてないし、たぶん実行できると思う。

海外は難しいかもしれないけれど、国内で3泊4日くらいだったら行けるんじゃないかなぁ。

来月には初のお泊り取材で、初めて2歳の娘を夫に託し高知に1泊2日の取材に行くのだけど、これを足掛かりに、春くらいには一人旅、実行できるようにいろいろ動いてみようかなぁと(勝手に)思っている。

2016-10-20_17-00-46_716

そんなことをぼんやり考えていて、で、図書館で見つけた、いろんな著名人が40歳のときのことを綴ったエッセイ
「私の四十歳―女が人生と向きあうとき [単行本]」を読んでいたら、メイクアップアーティストの小林照子さんが
40歳のときにニューヨークに10日間行ったということを書いているのを見つけて、あぁ、わたし行くしかないわと思った次第(笑)

ニューヨークに10日間かぁ~、それもいいなぁ。
旅に出ることは決めたけど、今、私はどこに行きたいのかなぁ。

それにしても「40歳」がタイトルに入った本って、意外といっぱいあってこれまたびっくり。40歳ってみんないろいろ考える年なのかもしれない。あの不惑と言われる年になるのかと思うと、本当にビックリだ。

フランス人の40歳からの生きる姿勢
ミレイユ・ジュリアーノ
大和書房
2016-01-24

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。