宣伝会議「編集・ライター養成講座」の講義を2コマ担当します!

  • ブックマーク

「ライターお悩み相談室」のゲストに来ていただいた青山ゆみこさん(@aoyama_kobe)にご紹介していただき、今年なんと!あの宣伝会議の「編集・ライター養成講座」の講義を2コマ担当させてもらうことになりました!!!

わたし
すごすぎる。私が受講生でもいいくらいじゃないのか? 恐れ多い。

という言葉しか浮かんできません。

「宣伝会議」は、1954年に創刊された雑誌から始まったそうで、この雑誌は私も勉強のためによく読ませてもらっていました。

雑誌創刊された数年後には、『宣伝会議コピーライター養成講座』が始まり、2017年には開校60周年を迎えるという「宣伝会議」。そんな歴史ある場で、講師をさせていただけるなんて、本当に私が務まるだろうかという不安しかなかったので、先日、どんな風に講義が進んでいるのか、見学させてもらいました。

着いたらまず教室が広くて、ビビる。受講生は40人ほどいるとあらかじめ知ってはいましたが、実際にその風景を見ると圧倒されてしまいました。ふだん大学では20人ほどで講義をしているので、その倍…。

さて、この日の講座を担当されたのは、前「Lei wedding阪神版」編集長の渡辺健太さん。「アイデアを誌面にする」という講義テーマで、受講生たちは与えられたテーマに沿ったサムネイルを作るという課題を提出。この日はその講評をする回でした。

なんかもう…渡辺さんの言葉一つ一つにものすごい重みがあって、私も思わず一心不乱メモを取りながら聴講。

2時間1コマですが、中身が濃厚すぎて、脳みそから湯気が出そうなくらいでした。

こんなレベルの講義を受講生たちは毎週受けられるなんて。しかも課題があり、それを一流の先生方にフィードバックしてもらえるなんて。すんごい!!!

2019年冬期コースは昨年12月14日からスタートしていますが、途中入校受付中だそうです。(終了している分もオンライン補講で受講できるとのこと)。こんなに価値あるお話が聞けるなんて、気になる方は、ホント今からでも参加してみてはいかがでしょうか。

広告

ライター塾紹介動画を作りました!

さて、そんな私が2020年1月22日に小さな「ライター塾」を始めます。こちらは定員5人の少人数制。

どんな思いで始めたのか、1分半の動画にしています(動画制作を手がける夫に手伝ってもらい作りました)

短いので、良かったら見てみてください。

無料・個別相談会をします!

1月22日から始まる「書くを仕事に!京都ライター塾」に関して、参加を迷っている方を対象に、個別相談会を開催します!

お1人様60分で、気になること、不安なこと、何でもぶつけていただければと思います。参加費は無料で、場所は出町柳周辺のカフェを予定しているので、カフェの費用だけご負担お願いします。

1/15(水)10:00〜11:00 ×予約あり
1/15(水)11:30〜12:30
1/15(水)13:00〜14:00 ×予約あり
1/15(水)14:30〜15:30

その他の日時を希望する方も、下記から一度お問い合わせください。

▷個別相談会の申込ページ

参加を迷っている方へ

ライター塾に参加してみたいけど、決断ができない…。

金額的な問題や平日の昼間という時間の問題、ついていけるか心配、それ以外にも理由はいろいろあると思います。

参加された方が、最後にライターとして活躍できるよう私も精いっぱいフォロ-したいと思っています(講座のないときも、メッセンジャーでのやりとりは何回でもしていただけます)

このライター塾では、私自身が経験して培ってきたことを具体例を挙げ、講義を行います。さらには人に話を聞く(インタビュー)、記事(原稿執筆)を書いてみる、校正後に原稿修正の作業をしてもらうなど、実践も多く含まれており、講義を修了したあとも、ライターとして役立つことを学んでいただけます。

ライターになりたい、ライターは無理でも、何かしら書いて生きていきたい、自分の好きなことを発信したい!

きっかけは人それぞれあると思います。何かひっかかったなら、思い切って飛び込んできてほしいなと思います。

皆さまの参加を楽しみに待っております。

▷ライター塾のお申し込みページ

最後に

私の開催する「ライターお悩み相談室」や「インタビュー講座」に参加された方の感想のをご紹介しておきます。参加を迷っている方のご参考になれば幸いです。

日本語教師兼ライターのわかばさん

京都西部の食べランライターを名乗るデブ子デラックスさん

コスメ&メイクライターの古賀令奈さん

ライター塾に参加したからといって絶対にライターとして成功するというお約束はできません。が、ライターとして活動するための基本とコツはマスターできるはずです。

また私はライターの基本である、人の話を聞く、自分の文章を書くことが、生きていく上での財産になると思っています。講座の中では、より良く生きていくためのも、気付きやヒントにもたくさん出合えると思っています。

▷ライター塾のお申し込みページ

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。