2022年の始まりに。設定を変える。

  • ブックマーク

あけましておめでとうございます。

年の初め、今年の目標をたてる方も多いのではないかと思います。

目標を立てる際のヒントになればと思い
この記事をアップしてみます。

目標をたてるヒントというより、
生き方を変える、の方が近いかも知れないけれど。


もし今の自分にしっくりきていないのなら
設定を変えたらいいんじゃないかなと思います。

パソコンのOSのように?

もしくは、ゲームのキャラクターのように?

設定を変える。


20代の頃、私は雨女でした。
友だちの間でも有名で
私が玄関の扉を開けると雷が鳴ると言われました(そして本当に雷が鳴った)

でも、私は晴れた日の方が好きなので
晴れ女になろうと思いました。

設定を変えたのです。

そしたら、30代になってからは
晴れ女になりました。

ライターをしていると
取材で外を撮影することも多いのですが
ロケで雨が降ることはほとんどありません。

連日雨が降っていても取材の日だけ晴れる、
もしくは
撮影のときだけ雨が止んでくれて、いい写真が撮れた!ということがよくあります。

もちろん雨が降る日も
雪が降る日もあるんですが
そういうときは
晴れ女だから、この程度の雨(雪)で済んだなぁって思ったりします。

あとは、私の晴れ女を打ち消すくらいの
ものすごい雨女か雨男の人がいるんだなぁって思います(笑)

設定を変えるって
要は、考え方次第なんですけど。

そう決めたら、そうなるよなぁと最近は思うようなりました。

雨女から晴れ女に変わったときは
よく分からず無意識でしたが
今振り返ってみると
私は設定を変えたんだなと思う。

だってそう決めたから。

決めたら、そうなる。

たとえば明日初詣に行くって決めたら
まぁ、行くじゃないですか。

そのくらいのこと。

先日、ナイナイの「ゴチになります」を録画したのを見ていたら
監督になった新庄剛志さんがこんなことを言っていました。

夏くらいにはまだ自分が監督になるなんて
全然決まってなかったけど
「監督になろう」って決めた。
そうしたら本当になった!

って。

あぁ、これだなって思いました。

ライターとして生きると決めたら
ライターになるし、稼ぐと決めたら、
稼ぐようになるんです。

自分で設定すればいいだけ。

そんな話は先日のうのたまごさんとの
インスタライブでもしています。

2022年、あなたはどんな設定でいきますか?

私は最近ライターからちょっと設定を変えて
新しい方に行ってみようって思っているところです。

メルマガでは書くためのヒントの他に、こんなこともツラツラと書いています。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。