環境と人との出会いが人を変える。

ライター塾紹介動画を作りました!

1月22日にスタートするライター塾。どんな思いで始めたのか、1分半の動画にしています。短いので、良かったら見てみてください。

——————-

お正月にやっていた番組「マツコ“毒舌”観察!!50日間で女性の顔は変わるのか!?日本一金かかる街で暮らすと」が、すごく面白かった。

”いわゆるフツー”の女性達が、生活をガラッと変えて50日間過ごしたら・・・そのお顔は変わるのか?表参道の編集部で50日間働いたら、お顔は変わる?イタリア人男性に50日褒められたら、お顔は変わる?超のどかな田舎町OLをバーキン漬けにしたら・・?マツコ絶叫!50日目のお顔は?

という趣旨のもので、ある女性は、華やかでエレガントな世界を紹介する雑誌『25ans (ヴァンサンカン)』で働き、ある人はイタリア人にイタリア語を学ぶ中で、毎回褒められる。またある女性は葉山に移住して、「こうなりたい」と思うような女性と出会い、仲よくなる、別の女性は250万円のダイヤモンドを身につけて暮らすなどなど。

created by Rinker
講談社
¥350 (2020/01/26 19:16:17時点 Amazon調べ-詳細)

どの女性も、新しい自分にどんどん出会っていく過程がすごく面白かった。

環境を変えると、よくも悪くも、人はその環境に染まるのだなぁと思う。25ans (ヴァンサンカン)編集部に勤めた人は、スニーカーなどのペタンコ靴だったのが、ハイヒールを履くようになったし、カジュアルな服ばかりだったのが、レースの服を着るようになった。イタリア人に会うたび褒められ続けた女性は、マスクを外せなかったのが、マスクなしで人と会えるようになったし、メイクもするようになり、口角もあがっていった。

環境と誰と出会うかで、こんなにも人は変わるんだなぁとしみじみ見入ってしまった。

変わりたいなら、環境を変える。こうありたいと思う環境に身を置く。こうなりたいと思う人に出会ってみる。

そう思うと、やはりライターというのは、こうなりたいと思う人にたくさん出会える、本当に自分を成長させてくれる素晴らしい仕事だなぁと思う。会社員をしていたら会えないような大会社の社長にインタビューをしたり、デザイナーさんに会ったり、お店の裏側を聞かせてくれるオーナーさんに会ったり。

さて2020年、今日から仕事始めの人も多いと思います。

今年はどんな環境に身を置いて、どんな人に出会いますか?

1月22日から、ライターとして活躍したい人を応援するべく、ライター塾を始めます。環境を変えて、本気で人生を変えたい人、お待ちしています!

広告

1月にスタート!少人数制のライター塾

「ライターお悩み相談室」を始めて2年。駆け出しのライターさんや同じくお母さんライターの方など、具体的にライターさんの活躍を応援する方法として、書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)を始めることにしました。

講座の内容は、1回3時間×5回。

(1)ライターとは
(2)インタビュー講座(人生を変える「聞き方」メソッド)
(3)文章講座①
(4)文章講座②
(5)SNS発信で新規仕事を得る

3ヶ月かけて、ライターとして活躍するための基礎を学んでもらうため、実際にインタビューをしたり、原稿を書いたり、実践もたくさんあるので決して楽ではないと思います。

定員5人の少人数制で、密度の濃い講座にしたいと思っています。

少人数制にしたのは、一人ひとりに向き合って、具体的なアドバイスができたらという思いもありますが、もう一つ、私がHSP(ひといちばい敏感な人)かつ内向型な性格で、大人数の教室ではすごく気を遣って疲れてしまうから(笑)でも、HSPだったり、内向型という性格は、ライターをする上ですごく役立ってくれています。

ライター教室に行ってみたいけれど、大人数で学ぶのがしんどいという、私と同じような感覚の人にも来てもらいやすい環境にしたいなと思っています。

▼▽▼詳細はこちらをどうぞ▼▽▼

https://writerkyoto.doorkeeper.jp/events/99258

わたし
いま決断するとお得です♪

今回が第1期となるので、5名さま限定、初回のみの価格となっています。

事前個別相談会もします!分割払いの相談にものっていますので、どうぞお気軽に。

先日の相談会では、50歳の女性の方が「私に出来るか不安です」と来てくださいました。前回紹介した参加者のデブ子デラックスさんも言っていましたが、年齢は関係ありません。書くこと、聞くことを学んだら一生の財産になると私は思っています。

 

参加者の方の感想を紹介!

「ライターお悩み相談室」&「インタビュー講座」に参加した人が、どう変わったのか?感想をご紹介します!

日本語教師兼ライターのわかばさん

京都西部の食べランライターを名乗るデブ子デラックスさん

コスメ&メイクライターの古賀令奈さん

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!