絶賛「洋館ZINEづくり」を進行中!&文学フリマ京都への出店お知らせ

仕事の合間を縫って、洋館ZINEづくりを進めています。

自分で好きなように冊子を作りたい!というのは、ライターになる前から思っていたけれど、日々の仕事に忙殺されて、自分のことはついつい後回し。で、10年以上の月日が経ちましたが、いろんな人に応援してもらっているし、作らざるを得ない状況に自分を追い込み、ようやく着手できています。

何年越しかの夢!

それにしても、クライアントの意向を汲むことをせず、自分の好きなように冊子が作れるというのは本当に楽しい!もっといろんな冊子作りたいなぁぁあ!の第1弾。

タイトルは「京都 麗しの洋館たち」としました。デザイナーさんがラフをあげてくれて、少しずつ形になっていくこの過程がこの上なく楽しい。

掲載するスポットについては許可を得て、何とか年内に入稿できるよう作業を進めています。

広告

文学フリマ京都に出店します!

もともとは、「京都洋館めぐりの会」に参加してくれる人に配りたいと思いついて、作りはじめた「洋館ZINE」ですが、せっかくなら販売したいと思いついて、来年1月19日(日)にみやこめっせで開催される「第四回文学フリマ京都」にも出店してみることにしました。

文学フリマとは、「文学作品の展示即売会」で、会場には、自費出版の書籍、ホチキスで綴じたコピー誌、手製本の書籍、CDや電子書籍、Tシャツ、豆本などが並ぶそう。

文学フリマというものがあると教えてくれたのは、「ライターお悩み相談室」で出会った、太田明日香さん(@aitokaji)。一人で出店する勇気がなかったので、今回一緒に出店してもらうことにしました(大変に心強いです)

当日は、できたてほやほやの洋館ZINEのほか、編集を担当した「駒井家住宅のパンフレット」や共著の「京都、朝あるき」、ことり会のポストカードなどを販売予定です。

太田さんも作品をいろいろ用意してくれるとのことで、私も楽しみ。

興味ある方は、ぜひ予定を空けておいてください〜!!

文学フリマ京都

2020年01月19日(日) 11:00〜16:00
入場料 :無料
会場: 京都市勧業館 みやこめっせ 1F 第二展示場C・D(京都市・岡崎)
https://bunfree.net/event/kyoto04/

 

 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!