京都の洋館を紹介するZINEが作りたい!polcaに初挑戦!ご支援お願いします!

広告

洋館が好き過ぎて企画したイベント「京都洋館めぐりの会」。おかげさまで満席となり、今はキャンセル待ちとなっています。

広告

イベントで洋館を紹介する冊子を配りたい!

このイベントを開催することを決めてから思ったのが、参加者の皆さんに、何かしら洋館を紹介したものを持って返ってもらいたいということ。それで前々からずっと考えていた「「麗しの洋館たち」の連載を1冊にまとめたい」という夢を、この機会に実行することにしました!

全部で9ヶ所を紹介している連載。今回は、その記事を再編集して、改めて洋館の魅力を見て知って楽しめるZINEを作りたいと考えています。

過去の連載記事はこちらで読めます。

冊子を作るには印刷費用はかかるし、再編集するのにも時間を取られるし、デザイナーさんのとのやりとりも…

などなど、日々の仕事に追われ、やりたいことをず〜っと後回しにしていましたが、イベント開催の決定に合わせて、やっと動き出すことに決めました。

せっかく作るのだから、ずっと手元に置いておきたくなるような冊子を作りたいと思い、「ことり会だより」のデザインをずっと担当してくれていた田中あゆむさんに相談して見積もりを出してもらったところ、私の希望する冊子を1,000部印刷するには、ざっと6万円が必要ということが分かりました。

初めてpolcaに挑戦します!

自分でレイアウトするなど手作りでやって、とりあえずの冊子を作ることはできるのですが、やるからには紙媒体に関わるプロとして、納得のいくものを作りたい。

そのための制作費用6万円。

この費用を、これまた前々から一度やってみたかったクラウドファンディングで集めてみようと考えました。クラウドファンディングはざっくり言うと、Web上で資金を集めることなのですが、今回私がやっているポルカは、身近な友だち同士ではじめる、フレンドファンディング
(やりたいことを思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができる)というもの。この趣旨も素敵だなぁと思って、ここで初挑戦してみることにしました。

これまでブログを読んでくださった方、応援するよという方がいらっしゃいましたら、ぜひ投げ銭感覚で応援していただけるとうれしいです!

完成したZINE は主催するイベント「京都洋館めぐりの会」の参加者に配布するほか、オンラインショップで販売したいと考えています。

今回ご支援いただいた方には、完成したZINEを割引価格で購入いただけるというお返しを用意しています。

ポルカで資金を募る期間は1ヶ月となっています。洋館好きの方、京都好きの方、ご支援、どうぞよろしくお願いいたします!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!