京都の桜は満開!京都駅から徒歩約15分の「梅小路公園」でお花見!

広告

週末はお天気も良く、桜もちょうど満開で、お花見日和。インスタグラムもFacebookも、桜の写真であふれ返っていました。

広告

梅小路公園でお花見

我が家は、京都駅から徒歩約15分のところにある「梅小路公園」で、友だち家族とお花見。お昼過ぎに行ったら、結構な人であふれ返っていて、桜の近くに座れる場所は残っておらず…だったけど。

桜だけじゃなく、菜の花も満開。

我が家から持って行ったものと、友だちが作ってきてくれたお弁当を並べたら、こんなに豪華に!青空の下でのんびりするって、久しぶりだったので、楽しい。春だなぁ。

結局、花より団子だったけけど。大人は、明るいうちから楽しいお酒を飲んで、いっぱい話して、大きくなった子どもたちはかたわらで自由に遊んでいるし、なんかもうそれだけで良かった。楽しかったなぁ。

寒くもなく暑くもなく、最高の1日。

3月にできたばかりの「梅小路京都西駅」を利用!

3月にオープンしたばかりの新駅「梅小路京都西」駅。

鉄道博物館に行くには、駅がすぐ目の前で便利なんだけど、「京都水族館」に行くなら、京都駅から歩く方がトータルの時間は早いような…という微妙な距離にあって、行きは使わず、帰りだけ使ってみました。

新しい駅は、すべてが最新でワクワクする…!

そのほか、京都桜便り

京都御所の西側、平安女学院大学の有栖館の枝垂れ桜。塀をせり出し、いつも見事な花を咲かせている。

宝ヶ池公園の桜。

国際会館を遠めに桜。

いたるところで桜を見かけ、見かけると写真を撮りたくなるな。

過去の桜アルバム

 

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!