2013春 京都府庁のしだれ桜&京都御所一般公開

  • ブックマーク

知り合いのカメラマンさんが、京都府庁の見事な桜写真を
インスタグラムにアップしていたのを見て…
居ても経ってもいられず、 近所に行く用事もあったので、寄ってみました。

ここでのお楽しみは、窓越しの桜です。
中庭のしだれ桜は、ピークを過ぎ、ちょっと散り始め。
これは今週月曜日の時点での桜の様子です。

洋館と一緒に桜が楽しめるなんて…ホント1年に1度だけの贅沢。
これを逃してなるものか…という。

 

で、京都府庁から目と鼻の先のところにある京都御所もちょうど今日、
一般公開が始まったところ。

京都御所は、普段なら、宮内庁に申請しないと見られないところが、
今なら手続きもなしで気軽に見学できるのです。

ぜひ合わせて楽しんでみてはいかがでしょーかー。

京都御所春季一般公開(申込手続不要・無料)
期間:平成25年4月4日(木)~4月8日(月)までの5日間
時間:午前9時~午後3時30分まで

 

私は、こんな麗らかな春の日だというのに、ものすごい頭痛。
(なのに、どうしても府庁の桜のことだけは書きたかった!)
ひとまず急ぎの仕事だけやってしまって、寝てしまおうと思います。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。