ヤオイソの山盛りフルーツサンドで、息子12歳の誕生日をお祝い!

  • ブックマーク

我が家の誕生日は、いつも北白川にあるおいしいケーキ屋さん「エキュバランス」のバースデーケーキが定番なのですが。今年の息子12歳の誕生日には、息子たっての希望でヤオイソのフルーツサンド山盛りでお祝いとなりました(2年ぶり2回目)

ドーン!山盛りフルーツサンドを抱えて、にんまりする息子。ホント大きくなったな!

老舗の果物店「ヤオイソ」が作るフルーツサンドは、本当においしい。果物も美味しいけど、その甘味を引き立てる、ちょうどいい甘さの生クリームもおいしくて。それを思いっきり食べたいという夢をまたまた叶えた!

ヤオイソのフルーツサンドは、通常お店で買うと1パック700円ほど(だったかな)。

この写真に写っている量は、5人前で約4,000円(銀トレー500円込み)。4,000円で夢が叶うなら、安いもんだと思う。

そして4人で食べると本当にお腹いっぱいで、もういらない!となるくらい。大・大・大満足!!

この山盛りフルーツサンドは、事前に電話で予約しておくと用意しておいてくれます。

迫力あって場が盛り上がるので、お祝いの席とか、大人数で分けるときにも良さそう。次イベントするときにも、これオーダーしたいな。

お祝いのときはいつも手巻き寿司なのですが、フルーツサンドでお腹ふくれちゃうから、刺し身の盛り合わせでいいね!ということで、こんな食卓に。

それにしても、息子を産んでもう12年経つとは。あっという間すぎる…!はっと気が付いたら、二十歳を過ぎているのだろうなぁ。こうして毎年家族でお祝いできることを感謝して。

プレゼントは「あつまれどうぶつの森」

12歳がほしがるものはゲーム一択。「あつまれどうぶつの森」のダウンロード版でした。今どきはカセットなど買わなくてもいいのだなぁ。

この「あつもり」にすっかりハマった息子が、オンラインでやりたい!とニンテンドースイッチオンラインに加入するべく、これまたゲームと同じようにコンビニでカードを購入して、オンラインでやろうとしたところ…。

12歳以下の子どもアカウントの場合、「タヌポータル」を含め、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」をご利用いただくことはできません。

ってことで、1年分2400円ものお金を払ったのに、いっさい使えないことが分かり、無駄金!!!!!

「…よく考えてお金使おうね、勉強になったね」とは思うものの、はらわた煮えくり返るくらい怒りがとまらないんですけど! 12歳以下のアカウントだったら、ダウンロードできないとか、その辺でなんとかならないものなのでしょーか!!!

みなさんはどうぞお気をつけください!!!!


>>関連記事:京都の老舗果物店「ヤオイソ」のフルーツサンドをお腹いっぱい食べたい!という夢を叶えた!
>>関連記事:京都・ヤオイソ四条大宮店のスペシャル・フルーツサンド
>>関連記事:京都・四条大宮「ヤオイソ」のフルーツサンド…叫びたいくらいに美味しかった!

ヤオイソ烏丸店

京都市下上京区烏丸通今出川上ル東側

京都市下上京区烏丸通今出川上ル東側(同志社大学北隣)
075-451-8415
10:00〜17:00、不定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。