2019年2月23日、出西窯の向かいに「Bshop出西店」がオープン予定!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

 

島根に帰省するとまず寄るのが、「用の美」が息づく器を作り続けている「出西窯」。今回は、「ルコションドール」が年内最後の営業日ということで、帰省した翌日にさっそく駆け込んだのですが、出西窯の道をはさんだ向かい側で何か工事をしている。

広告

「Bshop 出西店」が2019年2月にオープン予定

近づいてみてみると、こんな看板が…!

Bshop出西店 新築工事ですと!?

絶賛工事中。

ここにあのBshopが!マジか!

Bshopといえば、パンツやシャツ、コート、帽子などなど、私が何か新しいファッションアイテムが欲しいなと思ったときに必ず最初に立ち寄るお店(つまり、めちゃくちゃ大好きなお店)。

その出西店ができるのか!?と、慌てて店内に入りスタッフの方に確認してみると、なんと本当に来年2月末にBshopがオープン予定とのこと。

なんと!楽しみすぎる!!!

ベーカリーカフェ「ルコションドール」のオープンも、工事中の時から今か今かと楽しみにしていたけれど、次はBshop!また島根に帰る楽しみが一つ増えました。Bshop、京都にもあるんだけどね。

でもこんなに広い店舗、どんなお店になるのか、期待大です!!!!

ルコションドールにも寄ってきた!パンが好みすぎる!

そして夏に続き、やってきたルコションドール。

相変わらず並んでいるパンが好みすぎる…!

私が好きなのは、ハード系のパン。お総菜系よりも生地のおいしさがしっかり味わえるパンが好みで、あとはクリームチーズとかクランベリーとかナッツとか、餡とかバターとかが組み合わさっていたら、最高!!

ここにはそんな私好みのパンがたくさん並んでいて、どれにしようか迷う迷う。全部買い占めたい。

4歳の娘が「まひん」と発音するマフィン。

ブリオッシュとかクロッカンとかとかとかとか。

軽く2,000円越えするくらいは買い込みました。

ここの世界観が好きすぎる!

パン購入後は店内でお茶。至る所にさりげなく出西窯のアイテム。欲しい。

店内2階からの眺め。窓左側の建物が、出西窯のお店。

私がオーダーしたのは、ホットカフェオレ(450円)とクレーム・ダンジュ(450円)。緑のカフェオレボウルが可愛らしい。

「クレーム・ダンジュ」が何なのかよく分からず頼んだのだけど、ものすごい好きな味だった。ふわふわのクリームチーズという感じ。自分でガーゼを広げるのも楽しい。

さらに中にはラズベリーソースがが入ってて、甘酸っぱくてふわふわで最高においしいやつだった。

夫がオーダーしたオリジナルブレンド(380円)。このマグカップも可愛い。

カフェに来ると、こうしてまんまと出西窯の器が欲しくなるのでした。

>>関連記事:パワースポット&縁結び&温泉…山陰・出雲旅のおすすめスポットはここ!(前編)
>>関連記事:パワースポット&縁結び&温泉…山陰・出雲旅のおすすめスポットはここ!(後編)

\こちらの記事もいかが?/

「ル コションドール出西」データ

島根県出雲市斐川町出西3368

島根県出雲市斐川町出西3368
0853-27-9123
9:30~18:00 (定休日:火曜日)

最新情報はフェイスブックページをチェック!

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします