手土産を買いに「ジェイアール京都伊勢丹」の地下へ。いろいろな漬物店の千枚漬けをまとめて購入!

  • ブックマーク

年末に実家へ帰省する際の手土産を買いに、ジェイアール京都伊勢丹の地下へ行ってきました!

伊勢丹の地下1階食品売り場には、いろいろな漬物店が入っています。

大安
土井志ば漬本舗
茎屋
野呂本店
田中長奈良漬店
赤尾屋
近為
初代亀蔵
大藤
桝俉
まるたけ
楽味京都

伊勢丹が厳選した京都中のお漬物屋さんが地下1階に大集合!つまりここへ来れば、一軒ずつお店を訪ねなくても、気になる漬物屋さんの漬物が一気にあれこれ味わえるというわけ。

ジェイアール京都伊勢丹の地下一階食品売り場へ

父は、毎年私が買って帰る「千枚漬け」を心待ちにしているので、今回はここでいろいろな漬物店の千枚漬けを買って、食べ比べてもらおうと思い立ち、ここを選びました。

今年は、京都ツウのためのお漬物サイト「きょうとおつけもんライフ 」の取材で、いろいろなお漬物屋さんのお話を聞かせてもらいましたが、どこどこの漬物がおいしい、ここが一番!というものはなく、自分好みの漬物の味を見つけるというのが、いい楽しみ方なのかなと思っていて。

いつもは西利の千枚漬けを購入して帰るのが定番だったのですが、今年はいろいろなお店の千枚漬けを試してみることに。

さまざまなお店の漬物を味見できる上、「ジェイアール京都伊勢丹」では、お店の垣根を越えて、多彩な漬物店の商品をまとめて一気にお会計できるようになっているのは、さすが!

いちいち店舗ごとにお会計しなくて済むのは、本当にラクチン!自分好みの詰め合わせをギフトにできるのも嬉しい。

店頭であれこれ味見させてもらったのだけど、ホント味がちょっとずつ違う。甘さが強かったり、さっぱりしていたり、シャキシャキの食感だったり、しっとりしていたり、細かいことが微妙に違う。

父に渡す土産だけど、私も一緒に食べつつ、いろんな味を試してみたい!

西利の手がける「発酵生活 AMACOスタンド」へ

伊勢丹に行ったついでに、京都駅の2階、南北自由通路西口改札前の「京名菓・名菜処 亰(みやこ)」内の「酵房西利」へも寄ってみました。

お目当ては、この秋に新発売された「乳酸発酵甘麹ドリンク」。

砂糖不使用の甘麹ドリンクで、スタンドにはこんな感じで、プレーン、いちご、ゆず、みかん、にんじんの5種のドリンクが並んでいました。

購入したのは、子どもたちが選んだ「みかん」300円。ボトルデザインが可愛い。

味はさっばりした甘さで、じわじわおいしい(笑)1杯だけ味見するつもりが、子どもにせがまれ追加オーダー。家でも飲める「乳酸発酵甘麹AMACO」も置いてありました。

いや〜、久々に街に出ると楽しい!

\京都おつけもの探訪記もよろしくお願いいたします!/

 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。