子連れで楽しい!!「神戸海洋博物館」へ行ってきた!

  • ブックマーク

以前、家族で行ってすっごく楽しかった「神戸海洋博物館」を紹介。いやー、ここは大人も知的好奇心を刺激される、本当に魅力的な場所でした!

神戸の埠頭にあるこの不思議なオブジェ?は知っていたけれど、夫に教えてもらうまでは、この建物が博物館だとは思いもしなかったのでした。

広告

クルーズ客船について紹介したコーナーも!

神戸海洋博物館とは、

国際港湾都市「神戸」の歴史はもとより、船や港の仕組みや役割、さまざまな先進技術が投入された船艇の展示を展開

 

しているところ。

館内に入るとどーんと展示してある、イギリス軍艦ロドニー号の巨大な模型。船好きの私としては、これだけでテンションが上がる!!

この他、1F展示室には、船の仕組みやクルーズ客船の魅力を紹介したコーナーがあって、「いつか船で世界一周する!」のが夢である私としては、これ以上ワクワクする場所はないんじゃないか?というくらい。どの客船がいいかなぁと模型を穴があくほど眺めていたのでした(見るのに必死で、展示室の写真はない…)

 

神戸港では、運よく停泊していた豪華客船・飛鳥に遭遇して、これまたテンション上がりました!

普段、海のない京都市内にいる身としては、海の香りがするところに行くだけでも、なんだか気分が高揚するというもの。

隣接された「カワサキワールド」

さて、船のコーナーのほかには、カワサキワールドが隣接されていました。神戸の地で生まれ、1世紀以上の歴史を持つ川崎重工グループ・カワサキ。ここでは、こんなふうにパイクに乗れたり、

ジープに乗った気分になれたり。

こちら」体験型の展示が多くて、子どもたちは大喜び!

バイク好きの大人も楽しい。

興味津々。

模型の電車を操作できるコーナー。

乗り物好きの息子は、ずっと大コーフン!一人で隅々まで見て回っていました。

周辺には、アンパンマンミュージアムもあるし、ポートタワーもあるし、飲食店もたくさんあって、移動せずともとにかく子どもと一緒に神戸を満喫できる!!1日いても足りないくらい、楽しいスポットでした。また行きたいなぁ。

>>関連記事:【子連れ神戸旅】神戸は洋館天国!異人館めぐりで「英国館」へ(1)
>>関連記事:子連れ神戸旅・神戸のモーニング「神戸にしむら珈琲店」へ

海洋博物館 データ

兵庫県神戸市中央区波止場町2-2

兵庫県神戸市中央区波止場町2-2
078-327-8983(代)
10:00~17:00(最終入館 16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休館)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。