素敵なイベントが始まる予感…!「2010左京ワンダーランド」

  • ブックマーク

京都市左京区好きの皆さん!
今週末からなんともワクワクするイベントが始まりそうです。
その名も、「2010左京ワンダーランド」5/15(土)~6/13(土)。
なんて良いタイトル。誰がつけたんだ!

先日、「そうげんフローリスト」&「そうげんブロカント」へ行ったとき、
店内に上記のような可愛らしいイラストの入った冊子を見つけたのです。
このイベントは、ガケ書房の店長・山下さんが中心になって行われているとか?

その開催趣旨とは…

地域を活性化させ、イベントに参加する人やお店が
互いに個性を認め合いながら繋がりを強め、
協力し合うことにより、左京区から情報発信していくことを
念頭に置いている。

と。今年で2回目なんですね。全然知らなかった。

期間中に開催されるイベントは、HPをチェックするとあれこれ載っていますが、
京都大学西部講堂でのライブをはじめ、サンパ隊(?)のパレード、
叡電の車内で古本市開催など、なんだか興味をひかれるイベントばかり。

中でも私が一番引かれたのが、「左京コン」。
「左京が大好きなシングル男女集まれ!」と書いてあるから、
コンパ?なんでしょうか?すーごく興味があります。
魅力的な人たちが集ってきそうな予感。

左京区内の店舗を巡るスタンプラリーも開催されるようで、
そこに挙げられているお店が、そうげんカフェちせ正尚堂と、
もうほとんどツボ!ないい店ばかり。

はー、今からとっても楽しみです。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。