滋賀・朽木「グリーンパーク想い出の森」で子連れ秋キャンプ

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

昨年の秋、滋賀県・びわ湖こどもの国にキャンプに行き、秋キャンプに目覚めた私たち。で、今年も行ってきました、子連れ秋キャンプ!!場所は初夏に行ってよかった朽木グリーンパーク想い出の森

text by 江角悠子(@ezu1030

朽木「グリーンパーク想い出の森」

通常キャンプ場にチェックインできるのは15時からですが、アーリーチェックイン(+3000円)にすれば午前10時には中に入れるということを前回知り、早速それで午前中からチェックイン。

いつもはスーパーで調達するお肉、今回は花園橋にある焼肉屋さん「プルコギ」で購入。タン塩にはレモンやネギの薬味までつけてくれて、本当に軽く炙るだけで、絶品!みんなが手放しで絶賛する悶絶の美味しさでした。今度はお店に食べに行こう。

今回、旦那が前から目論んでいた燻製に挑戦。カマンベールチーズやゆで卵で試してみたら、これが本当にしっかりスモークされていて風味豊かなつまみに!

チーズは本当は違うものでやりたかったのだけど、買い忘れていたためつまみ用のカマンベールで試したら、溶けて地面に落ちるなど。

次はベーコンとか鴨肉とか準備してやってみたい。

薫製できるキットを買っておけば、チップも全部そろっていて楽チンでした〜!

created by Rinker
SOTO(ソト)
¥3,980 (2019/01/16 04:49:22時点 Amazon調べ-詳細)

昼間は暑かったけど、夜は少し肌寒いくらい。もっと冷え込むかと思ってアラジンストーブまで持っていったのだけど、ストーブをつけるほどではなく。

夫が清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したスノーピークのタープが大活躍!高いだけあって、昼間の暑い日差しの遮断はすごい、日陰もたっぷりできるし、あってよかった!

そして夫が次に狙っているキャンプ道具は、外で使う薪ストーブ。さすがに冬キャンプは私、遠慮したいけど。

翌朝のご飯。目玉焼き、おにぎり、チキンのトマト煮込みなどなど。ダッチオーブンで作ったチキンのトマト煮込みがとにかく美味しくて、骨付きの鶏肉は骨から肉だけがホロホロ取れるくらいに柔かくなっていて朝から最高だった。

テントをたてる際に汗だくになることもなく、蚊に噛まれることもない。キャンプ場にはキンモクセイがあって、涼しい風とともにふわりとキンモクセイが香るなど。こんなに幸せになれる香りってあるのだろうか!というわけで、やっぱり秋キャンプは最高!おすすめ!

>>関連記事:京都市内から近い!子連れで楽しいおすすめキャンプ場7選!

広告

グリーンパーク想い出の森

滋賀県高島市朽木柏341-3

滋賀県高島市朽木柏341-3
予約受付時間AM8:30~PM8:00
0740-38-2770

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします