黒焦げがポイント!カオリーヌ菓子店の「バスクチーズケーキ」がおいしかった!

広告

雑誌「暮らしのおへそ」の編集ディレクターで、ライターでもある一田憲子さんの著書「キッチンで読むビジネスのはなし」で紹介されていた、カオリーヌ菓子店のバスクチーズケーキ。

キッチンで読むビジネスのはなし 11人の社長に聞いた仕事とお金のこと [ 一田 憲子 ]
created by Rinker
¥1,728 (2019/09/16 06:04:16時点 楽天市場調べ-詳細)

トークイベントに行って、カオリーヌ菓子店の店主かのうかおりさんのお話を聞いてしまったらもう、食べずにはいられないと思い、帰ってその日にすぐネットで注文したのでした。

広告

黒焦げがおいしい!バスクチーズケーキ

トークイベントでは、かのうさんがチーズ専門店に行ってチーズに出会った話に始まり、その後チーズ好きが高じて専門学校に通い、結婚後も一人でワーキングホリデーを利用してフランスへ行き、ひつじを飼っている農家に行ってチーズ作りに取り組んだ話を聞き、そんなチーズ好きな人が作るケーキってどんな味なんだろうと思ってしまったのです。

スペインのバスクで出会ったというチーズケーキは、表面が焦げていて真っ黒。え?失敗?と思うかもしれませんが、この黒焦げが大事なのだそう。バスクで食べた味を再現するべく、何度も何度も試行錯誤して作り上げたという一品。

ネットで注文したら、届く日を指定して注文ができるようになっています。アマゾンみたいに頼んだら、翌日すぐに届くというのではないけど、この届くまでの時間もお楽しみ。待つ楽しみまでもらえたような。

ケーキ自体は2800円という値段なのですが、これに

送料 1,026 円
クール便(冷凍) 200 円
消費税(8%) 224 円
——————-
合計 4,250 円

と、最終的に結構いいお値段になってしまう!なので、商品合計金額が10,000円 (税別) 以上は送料無料になるので、4個くらいまとめて頼んで、お世話になってる人におすそ分けするとかすれば良かったなと、今さらだけど。

ケーキは12cm。手のひらに乗るくらいの小さなサイズ。届いたとき「思ってたより小さいな!」と思ったのだけど、食べてみたら、ものすごい濃厚だったので、おいしいうちに食べきるには、このくらいの量でちょうどいいのかもしれないと納得。

焦げ目の苦味と、チーズのコクと。チーズのおいしいところがぎゅっと詰まっている。グルテンフリーというのも、アトピー持ちの私にはうれしい。

来客があったのでお客さんと、あとは娘とわけっこしながら何日かかけて、ゆっくりといただいたのでした。一度にわぁ〜っと、いっぱい食べたい気持ちはあるのだけど、しっかり濃いので、ちびちび味わいながら食べるのがおいしい。今回は紅茶に合わせたけど、ワインもいいだろうなと思いつつ。

解凍後は7日間日もちするということで、何日かかけて食べたのたけど、日が経っても最後までおいしく食べられた!

バスクチーズケーキの次は、ブルーチーズのチーズケーキを食べてみたいなぁ。まとめて注文すれば良かったよ…!

というわけで気になる方は、下記からオーダーできます。今頼むと、週末には届くようです。

カオリーヌ菓子店のサイト

かのうさんの著書はこちら。

カオリーヌ菓子店のチーズケーキ (生活シリーズ) [ かのう かおり ]
created by Rinker
¥1,296 (2019/09/16 06:04:16時点 楽天市場調べ-詳細)
チーズの絵本 [ かのうかおり ]
created by Rinker
¥1,080 (2019/09/16 06:04:17時点 楽天市場調べ-詳細)
広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!