名古屋ふらり旅(3)…文化のみち橦木館

今回名古屋で4軒の洋館に行ったけれど、ここが一番ツボでした!

文化のみち橦木館といって、陶磁器商として活躍した井元為三郎が

大正末期から昭和初期に建てた邸宅です。

駒井邸といい、聴竹居といい私の好きな洋館はまさにこの時期の頃のもの)

大屋敷!豪邸!といった感じの大きすぎる館ではなく(とはいっても十分大きいけれど)

こぢんまりとしていて、上品で、細かなところまで装飾が可愛らしくて

1人頭の中でキャーキャー言いながら見ていました。サイコー。

まずこの佇まいからしてもう。


玄関の天井の星マーク、ドアの上のステンドグラス、素敵。


2階にあったバスルーム。タイルの可愛さ何。


2階が特に素敵で、


このサンルームの美しさにはもう本当に惚れ惚れ。



私もこんな書斎で仕事したい。


青い鳥のステンドグラスなんて、乙女チック。奥はトイレ。


広ーい和室。賃室としても利用できるそう。いーなー!
 
和室から向いの洋館を見たところ。
テラスがあって、テラスの内側はカフェになっています。


台所。

シャワー室。



庭の奥にいた二宮金次郎の像。


庭から洋館を見たところ。庭には茶室もありました。ここは、入館料200円。安ーい。すぐ近くにある二葉館も行くなら共通チケットが350円だし、
二葉館は絶対に行った方がいいので、共通チケットを買った方がいいです。

というわけで、次は二葉館の紹介。外観はまるでトトロの世界。名古屋ふらり旅(2)…洋館めぐり、旧豊田佐助邸
名古屋ふらり旅(1)ひつまぶしのしら河、本当においしかった!

———————————————————-

このブログの更新通知をLINE で受け取れます↓

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!