京都国際会館に「NIWAcafé」オープン!一般の人も利用可の日あり。名建築で昼食を楽しんできたよ!

  • ブックマーク

京都国際会館に前田珈琲プロデュースの「ニワカフェ」がオープン!一般の人が行ける日が設定してあると知り、さっそく行ってきました!撮影の許可をもらって、たくさん撮らせてもらったので、写真たっぷりに紹介したいと思います。

「京都国際会館」の建築美がすばらしい

地下鉄「国際会館駅」と直結している京都国際会館。

建物へは雨に濡れることなく、たどり着けるのですが、駅からは少し距離があります。改札口を出てから徒歩約5分。地下通路を歩き進むほどに、期待が高まる…!

そして、ようやくたどり着く正面玄関。モダン建築の美しさに圧倒されます。

同館は1966(昭和41)年に開館。設計は、丹下健三計画研究室にて、広島平和記念公園及び記念館、旧東京都庁などの設計・監理に参加したという大谷幸夫氏。

中に入ると、宇宙ステーションに来たかのような異空間。受付で体温を測り、アルコール消毒をして、「カフェに来ました」と言うと案内してもらえました。

照明&アート作品を目を奪われる

カフェのあるスペースにたどり着くまでも、至る所にアート作品が展示してあり、さらにはしつらいも素晴らしく目移りして、なかなかたどり着けません。

広い。

照明、美しい。

奇抜な色、ユニークな形のソファ。インテリアデザイナー 剣持 勇氏によるものだそう。

思わず座ってみるなど。

NIWAcafé

ようやくカフェに到着!京都市内に何店舗も展開する前田珈琲によるプロデュース。

ラウンジは、大阪万博の頃を思わせるような空間(分かんないけど)

カフェは、カウンターで注文するスタイルでした。

おいしそうなケーキが並ぶショーケースもあり。

メニューは、NIWAcaféコーヒー300円、紅茶300円〜、とお手ごろ価格!

他のメニューはこちら(PDF)から一覧が見れます。前田珈琲で見たことのある馴染みのメニューが多くありました。

テラス席からの眺めが最高!

テラス席もあったので、外へ出てみました。ここから見る眺めがホント絶景でした…!

心地よい風が吹いて、ふいに金木犀の薫りがしたりして。喧騒からはほど遠く、どこか遠くへ旅にでも来たかのよう。

私が注文したのは、ソイラテのホット550円。

庭に出て、外から見る建物もよかった!

食事もできます(テイクアウトメニューあり)

ドリンクのみならず、フードメニューもいろいろありました。ローストビーフ丼とか、牛丼とか。

テイクアウトできるように(?)ふた付きで提供されたフードメニュー。

ホットドック750円。

オムカレー800円。

ワーケーションもできる!

ビジネスセンターというスペースは、こんな風にパソコンが用意してあったり、

電源付きのデスクも。館内では無料Wi-Fiもありました。

私も張りきって「ワーケーションだぁ〜!!」とノートパソコン持ってきたんだけど、開放感がすごくて、ぜーんぜん仕事にならず。数時間滞在して、1時間くらい作業したかなという感じ。とにかく楽しくて。あ、本を読むにはもってこいの環境だなぁと思いました。本当にしーんと静かなのがいいです。

今月、一般の人が利用できるのは下記の日程。

14(水)・20(火)・29(木)・30(金)

一般開放は11月以降も継続する予定だそうで、詳細はぜひ公式サイトでチェックを。

タイミング合う方はぜひ、名建築で昼食を楽しんでみてはいかがでしょうか!

国立京都国際会館データ

住所:京都市左京区岩倉大鷺町422番地
問い合わせ:075-705-2111
時間:9:00~18:00(ラストオーダー 17:30)
営業日:HPで確認を

created by Rinker
大福書林
¥2,420 (2020/10/27 21:52:17時点 Amazon調べ-詳細)

京都国際会館だけで1冊の本になっているものを見つけて、ほしいなぁと眺めていたのだけど、なかなかにいいお値段。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。