烏丸御池・レティシア書房にて、洋館ZINE「京都 麗しの洋館たち」の取り扱いが始まっています!

  • ブックマーク

レトロ建築好き、洋館好きのわたくし江角悠子が、京都の魅力あふれる洋館6ヶ所を写真たっぷり、思い入れたっぷりに紹介しているZINE「京都 麗しの洋館たち」

現在は、自分で作ったオンラインショップで販売する他、出町柳の商店街にあるエルカミノさんでお取り扱いしてもらっています。

そして今週から新たに「レティシア書房」さんでも取り扱ってもらえることになりました!!

「京都 麗しの洋館たち」新規取扱店

レティシア書房さんは、烏丸御池から北東へ徒歩10分程歩いたところにある古書店。リトルプレスをたくさん扱っていることでも知られています。

店長の小西さんが、さっそくZINEが店頭に並んでいる画像を送ってくれました!!!

サイトの新入荷リトルプレスのページでも紹介してもらっています。

お店は、コロナウィルス感染拡大の緊急事態下、これ以上感染者を出さないために、4月23日(木)より当面休業されるとのことですが、明日は少しだけお店を開けているそうなので!お近くの方はぜひ、レティシア書房へ足を運んでみてください!

4月25日(土)午後2時より4時ぐらいまで開けています。

引き続きお取扱店、募集中!

ZINE「京都 麗しの洋館たち」を置いてもいいよ!というお店は、引き続き絶賛募集中です!気になる方には事前に見本を送付することも可能です!

ぜひ一度お問い合わせください。

よろしくお願いいたします!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。