朝ドラ「マッサン」の舞台、広島の竹原市に行ってきたんじゃ。

  • ブックマーク

今週から、新しく始まったNHKの朝ドラ!
「花子とアン」 も見ていましたが、タイトルにもなっているアン、
最後の最後にようやく出てきて、もっとアンの部分が見たかったなぁという印象。
そして始まった「マッサン」
ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝さんとその妻のリタさんがモデルだそうです。

で、そんな朝ドラが始まるとはつゆしらず、
夏休み中にマッサンこと政孝さんの生家がある広島、竹原へ行っていたのでした。

ドラマの舞台となる街を散策していたのもあって、
マッサンが始まるのがすごく楽しみだった私。
こちら、すでに朝ドラでもいろんなシーンで登場している、マッサンの生家、竹鶴酒造。

 

竹原の街並み保存地区の中にこの生家があるのですが、このエリア一体、
江戸時代から明治・大正・昭和とそれぞれの時代の建築物が残っていて、
古くてどこか懐かしい街並みが楽しめます。

竹鶴酒造では、お酒を販売していたので、お土産に1本購入。
「原酒だから、重い印象」とは夫の感想。

そして、生家のちょうど向かいにあった洋館。どこへ行っても洋館チェックは欠かせない。
残念ながら中には入れませんでしたが、

こちらの洋館は、民俗資料館になっていて中も入れました。

石畳が続いていて、ここだけ時間が止まった感じ。

 

なぜ竹原に来たかったかというと、こんな風に雰囲気のよい古い街並みが見たかったから。
古い、レトロな街並み大好物。なぜこんなにも惹かれるのか。

この長い階段をのぼった先にお寺がありました。西方寺というお寺。
この場所、初めて来た気がしない。なんか知ってるような気がする。
と夫と話していたら、ここ!私も夫も大好きな大林宣彦監督の映画
「時をかける少女」のロケ地でした。
どおりで!思わず写真を撮りたくなる、絵になる場所でした。

長い階段をヒーヒー言いながらのぼったら、こんな見事な眺めが広がっていました。
来てよかったー!すごく爽快で最高に気持ちのいい場所でした。
気分は原田知世で。

そして、この地区にはもうひとつ、「時をかける少女」のロケ地となった場所が。
地震で屋根が落ちてくる印象的なシーンに使われたのだとか。
意外と小さい。私の中の記憶の絵とは全然違っていた。もう見たのは何年も前だしな。
また映画が見たくなりました。
そしてそして!

朝ドラを見ていて一番驚いたのが、マッサンの妻、エリーの実家のロケ地が
私のこれまた大好きな駒井邸(京都市左京区)だったということ!

この裏庭も、

このサンルームも、

この窓際のベンチも、いろんなシーンで登場していて、私ひとり大コーフン。
玉鉄いつの間にロケに来ていたのだろう。
エリーの実家ということは、これからも時々登場するだろうなと、
それもまた楽しみなのです。
広島の竹原が舞台ということで、ドラマでは広島弁が飛び交っていますが、
広島が生まれ故郷の私にとっては、これも楽しみの一つ。

懐かしいイントネーションが聞けて、ドラマを見終わった後は、
私も思わず広島弁が出てしまうというもの。
しょーがないじゃろ。15歳まで広島弁をしゃべっとったんじゃけぇ。
という感じです(笑)

毎朝15分の小さなお楽しみです。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。