京都市子育て支援総合センター こどもみらい館

  • ブックマーク

子どもが生まれてから、よく通うようになった場所があります。
それが、京都御所の南側にある「京都市子育て支援総合センター こどもみらい館」。

中は、こども元気ランドといって、木製のアスレチック広場があって、
狭い家では思いきり遊ばせてやれない子どもをのびのび解放してあげられるし、
ボランティアの人が子ども達に歌を歌ってくれたり、紙芝居を読んでくれたり、
子育てに関する本や絵本、ビデオ、CDが豊富に揃った子育て図書館が入っていたり、
とにかく、子を持つ親にとって、妊婦さんにとっても、救世主のような…。
そんな場所なのです。

いろいろな教室や講座も開かれていて、
私は、おばあちゃん先生がやっていた、1ヵ月4回で終了する
ベビーマッサージ教室に通ってみました。

マッサージもいいんだけど、終わった後に、先生と他のお母さんたちと
お茶を飲み、お菓子を食べ、子育て談義をする時間がとっても楽しかったり。

母になってまだ9ヶ月ちょっと。
まだまだこれからも、たくさん利用させてもらおうと思っている
ありがた~い場所です。

こどもみらい館
住所:京都市中京区間之町通竹屋町下がる楠町601-1
電話:075-254-0051
時間:9:00~21:00(日祝~17:00) 火休 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。