祇園祭

  • ブックマーク


三連休も最終日。
ダラダラ過ごすのも今日が最後ということで、宵山に行ってきた。
混んでるだろうし、行かないつもりだったのだけど、
旦那と話していたら
「やっぱり厄除けのために、ちまきを買わなきゃ気が済まない」ってことになり、
雨の中行ってきたら、案の定、すごい人だった。
昼間でも雨が降っていても、みんな来るのだなぁと感心。
ま、私たちもその1人なのだけど。

旦那が船鉾のちまきがいいというので、新町仏光寺辺りにある鉾へ。
ちょうちんがキレイに並んでいたけれど、
これはやっぱり夜に見たい。
船鉾のちまきは500円。鉾によって、ちまきの値段も飾りもいろいろ。
ちなみに私は、何年か前までちまきは食べられると思っていました。
船鉾には700円払えば、中を見学できたけれど、
すごい行列なので、やめ。

本当に人もすごいし、雨もやまないし、で、
結局ちまきを買っただけで帰ってきた。

明日はいよいよ山鉾巡行の日。
午前9時に、四条烏丸をスタート、
約2時間かけて市中心部を回る祇園祭のハイライト。

台風も何とか過ぎ去ったし、明日もまたスゴイ人なんだろう。
行く方は覚悟して。私は人いきれで、帰ったら頭痛がしました。
今の京都人気は本当にスゴイ!!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。