「第2回 京都洋館めぐりの会」参加者を募集中です!次回は秋の京都「東華菜館で本格北京料理を味わう!!」

  • ブックマーク

先日、大盛況に終わった「第1回京都洋館めぐりの会」。あまりに楽しかったので、さっそく第2弾も企画しました!次回のテーマは、秋の京都「東華菜館で本格北京料理を味わう」です!

 

第2回は、四条大橋西詰にそびえたつ「東華菜館」

東華菜館はヴォーリズ建築の美しい建物で、日本最古のエレベーターも現役で動いています。

↑これは以前、取材に行ったときの写真。

そこで提供される本格北京料理は、塩味ベースのあっさりした味わい。これもまたおいしい!!
個室を1室貸し切って、ゆったりとした時間を過ごしたいと思います。

以前、食べに行ったときの記事はこちら。
京都・四条河原町、ヴォーリズ建築でおいしい中華!「東華菜館」へ行ってきました。

取材をさせていただいたご縁もあって、今回ビアガーデンのときにだけ上がれる屋上も特別に案内していただけることになりました!

東華菜館があるのは、京都随一の繁華街・河原町や祇園へもすぐの場所。
お食事の前後に秋の京都観光も満喫できます!

【こんな人におすすめです】
・洋館やレトロ建築が好きな方
・京都が好きな方
・美味しいものを食べるのが好きな方
・同じ価値感の仲間と交流したい方
・フリーランスの方
・ライターの方

同じように関心のある人と話してみたい方でしたら、どなたでも歓迎です。
どうぞ、お気軽にご参加くださいませ。

【イベント概要】
■開催日時
2019年11月15日(金)13:00-15:15
■会場住所
東華菜館 本店(京都市下京区四条大橋西詰)
■アクセス
京阪本線 祇園四条駅 3番出口より 徒歩すぐ
阪急京都線河原町駅 1番B出口より 徒歩すぐ
■参加人数
9名(定員になり次第締め切ります)
■参加費
7,800円(コース代6,050円、ガイド料、消費税込み ※ドリンクを注文する場合は各自別途お支払い)

【タイムテーブル】
12:40 受付開始(1階ロビーに集合)
13:00 挨拶・参加者の皆さま自己紹介タイム
13:10 本格北京料理とおしゃべりを楽しむ!!
14:45 館内を見学
15:15 閉会(終わりの時間は前後する可能性があります)

 

申し込みはこちら

イベント情報はLINE@で先にお知らせします!

このイベントは、「ライターお悩み相談室」と同様にゆるやかに続けていきたいなぁと考えています。ゆるゆると気の向いたときに…くらいの感覚。

今後は、大正ロマン漂う和洋折衷の迎賓館「五龍閣」、老舗洋菓子店「村上開新堂」へ行きたい!!と妄想しています(「麗しの洋館たち」という連載で紹介したところから行って、ネタが尽きたら次は私の行きたいところへ…笑)

定員が埋まる前に情報が欲しい!という方はLINE@に登録していただくと、ブログやTwitterでの告知前にお知らせいたします。

LINE@では、1対1でやりとりもできるので、京都旅行で相談したいこと、ライター業で聞きたいことなどあれば、お気軽に質問してみてください!

フォローお待ちしています!

友だち追加

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。