紅葉見納め?「仁和寺」

  • ブックマーク

月曜日は朝から2件取材へ。

この日は、若くて可愛い女性カメラマンと一緒に。
午前中は御所南にあるお店1件、午後からは嵯峨野まで足を伸ばして。
取材と取材の合間に、2時間あったので、
私はいったん帰宅→授乳→お昼ごはん→授乳→取材へ。

取材時は子どもを預かってもらえるからいいけれど、
家で原稿を書くときは子どもと一緒。
日中はぜーんぜん手が離れないので、先週の原稿まだ途中…。
今日が締め切りなんですが。

さて、紅葉はそろそろ見納めでしょうか。
先週、金閣寺に行ったついでに、仁和寺にも行ってみました。

仁和寺にある法師…で有名なコチラ。
古典で習ったところに、実際に行ける!というのが、とっても嬉しい。

 

大きな仁王門の横は何度も通っていましたが、
中に入ってみたのは初めて。

夕暮れ時に行ったので、夕日と紅葉の赤が重なって、とってもキレイ。
毎年京都の紅葉を見ているけれど、今年の紅葉の色は、
本当に鮮やかで良い色でした。

仁和寺
住所:京都市右京区御室大内33
電話:075-461-1155
時間:9:00~16:30

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。