【「デジスタイル京都」の書評コラム】3記事目に選んだ本は、瀬尾まいこさんの「天国はまだ遠く」

広告

京都を舞台にした小説をはじめ、京都を案内する本、京都の歴史や文化について解説してある本を取り上げて紹介する連載「京都デジスタイル」の本と京都~コトノトショ~。

お友だちのライター油井康子さんと交代で記事を書いていますが、今回の担当はわたくし。

3記事目がアップされました。

広告

瀬尾まいこさんの「天国はまだ遠く」

今回選んだ本は、瀬尾まいこさんの「天国はまだ遠く」。瀬尾まいこさんは中学教師をしながら作家活動をされていた方。人を見つめる視線がとても優しくて、文章もするすると読めてしまう。読後感は最高で、心がほぐされるような気になります。

以前は、丹後地方で勤務していたこともあり、そんなことから今回の本を選びました。

この本を読むと、猛烈に丹後に行きたくなります(笑)

 

天国はまだ遠く (新潮文庫) [ 瀬尾まいこ ]
created by Rinker
¥473 (2019/11/20 00:50:41時点 楽天市場調べ-詳細)

映画化もされているので、こちらもぜひ見てみたい!!そしてロケ地巡りしたい!!

天国はまだ遠く [ 加藤ローサ ]
created by Rinker
¥5,227 (2019/11/20 04:18:21時点 楽天市場調べ-詳細)

瀬尾まいこさん、こちらもおすすめ

created by Rinker
文藝春秋
¥583 (2019/11/20 00:50:38時点 Amazon調べ-詳細)

幸福な食卓 (講談社文庫) [ 瀬尾 まいこ ]
created by Rinker
¥583 (2019/11/20 05:50:10時点 楽天市場調べ-詳細)

見えない誰かと【電子書籍】[ 瀬尾まいこ ]
created by Rinker
¥524 (2019/11/20 04:18:21時点 楽天市場調べ-詳細)

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!