京都人のお約束。「水無月」を食べて、残り半年の無病息災を願う。

広告

6月も半ば。2019年もそろそろ折り返し。毎年言ってるけど、はやくないですか?

さて今年は月末に慌てることなく、早くもいただきました毎年恒例の「水無月」を。

広告

出町ふたばの水無月

氷になぞらえて作られた和菓子「水無月」を購入するために行ったのは、出町柳にある人気の和菓子屋さん「出町ふたば」。

ド平日でしたが、こんな感じの行列で10分くらい待ちました。が、1列ごときでは、まだまだ短い方。

今年は定番の白い水無月

「出町ふたば」には、抹茶や黒糖の水無月もあったのですが、やっぱり定番の水無月が一番おいしい気がして、今年はこれ一択。むっちりもちもちの生地が安定の美味しさ。あっさりした甘さがよく、軽く2〜3個食べられるから危険。今月、もう一回くらい食べたいなぁ。仙太郎の水無月もおいしかったのだよなぁ。

出町桝形商店街も寄りたい

「出町ふたば」があるのは、私の大好きな出町桝形商店街。はんなりした京都のイメージとはまた違う、ごっちゃりした雰囲気が最高。今は七夕で盛り上がっていました。道行く人も短冊に願いが書けるようになっていた。相変わらず楽しい商店街。

さてさて、週の始まり月曜日。今週も淡々と。

皆さまも、良い一週間を!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!